最近の記事
カテゴリー
猫リスト
検索フォーム
ブログランキング
ランキングに参加してみました。 よかったら押してください。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール

だだ

Author:だだ
方向音痴で胃腸虚弱で臆病者の旅行好き

月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
ドイ・ステープのお邪魔猫
タイでは、猫は常に人とともに在る。
チェンマイ郊外のドイ・ステープへいったとき、
のびのびと暮らす幸せな猫に出会うことができた。
・・・写真の粗いのはご容赦ください。

これが本日の主役。
ドイ・ステープのお邪魔猫。

かまってほしい猫

まだ若い顔だ。
仕草も子猫といってもいいほどあどけなかった。

お堂へ向かう

彼が住んでいるのは、山上の大きな寺・ドイステープ。
敬虔な仏教徒が多くあつまってくるところだ。
けれど猫には、ブッダの教えは通用しない。

まずは、お祈りの邪魔

お堂には大勢の人たちが説教を聴き、仏に祈るために集まっている。
タイの猫は人間をちっとも怖いと思っていないから、人々のあいだをスイスイ歩いていく。

人々のあいだを通りぬける猫

大人はつとめて猫を無視する。
猫なんていくらでもいるから、お堂の中に1匹入ってきたくらいでは気にも留めない。
でも子供は違う。
どこの国でも子供はじっとしていられない生き物だ。
お坊さんの話を聞くのに飽きて、視線で猫を追いかける。
となりの子と
 「可愛いね!」
と囁きあって、お母さんに叱られる。

子供には人気の猫

 「かまって!かまって!
  ぼくと遊んで!」
猫はいっしょうけんめい主張してみたけれど、人間たちは金ぴかの仏像に夢中である。
猫はちょっと、つまらない。

ひらきなおる猫

どんなに頼んでも誰にも相手にされなかったので、
とうとう猫は拗ねてしまい、最終手段に出ることにした。


  「遊んでくれへんのやったら、花かじったるー!」


花にかじりついた猫

売り物の花に思い切りじゃれついたのだ。
子供は声をあげてわらいだしたが、そばにいたおじさんが
 「コラッ!!」
猫のお尻をバチンと叩いた。
猫はすっとんで逃げていった。

・・・が、すぐに戻ってきた。

スポンサーサイト
タイ(2009年) | 【2009-10-05(Mon) 21:27:40】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
人懐こい猫たち
野良猫は、人間を警戒するものだ。
人からゴハンをもらっている猫でも一定の距離を保ちたがる。
・・・そう、こんなふうに。

こっそり猫

ところがタイの猫たちときたら!

とんでもないほど人懐こい。

私の足にまとわりついて離れない猫さんやら

スリスリ猫

膝にのったまま降りてくれない猫さんやら

だっこ猫

初対面なのに
 「お尻をなでろ」
と要求してくる猫さんやら。

お尻なでて猫


ちょっとは警戒心とか持ってみようよ、って言ったら、


猫パンチ!


・・・顔に猫パンチくらいました。

タイ(2009年) | 【2009-04-03(Fri) 17:23:52】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
タイ猫
タイの猫写真がたんまり残っているので、
自動更新でちょびちょびUPしていきたいと思います。

まずはチェンマイ、ワット・チェット・ヨットのおむかいにいた猫さん。

猫のひらき

・・・・死んでるのかと思った。

猫のひらき・顔のほう

ヒラキの顔のほう。
生きてるっぽい。

タイ(2009年) | 【2009-04-01(Wed) 17:05:02】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
お寺の猫
タイはどこでも、猫だらけ。
チェンマイはそのうえ「お寺だらけ」の町だった。

ということは、自然、お寺の中まで猫だらけ、ということになる。

仏像とネコ
(ワット・チャイモンコン)

たとえ本堂のド真ン中で猫がお昼寝していても、普通。
ぜんぜん普通。
お坊さんも参拝者も、みんなが猫をよけて歩き、猫をよけて座る。

以前、
 「なぜタイのお寺では猫を飼っているのですか?」
とお坊さんにきいたら
 「あらゆる命を大切にしなさい。
 自分の命は他から与えられたもの。
 与えられたぶんだけ、他の命に施しなさい。返しなさい。
 それが仏の教えなのです」
と返ってきた。
きっと猫たちは、ありがたい仏の教えなんかしらない。
ゼッタイ知らない。

お昼寝

それでも、すごく幸せそうだった。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ←良かったら押してやってください…


このブログについて | 【2009-03-10(Tue) 19:07:54】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
豊川悦司とワット・アルンと猫
映画『20世紀少年』はご覧になりましたか?
あの映画の第一作目にちょっとだけバンコクの場面がある。
豊川悦司の「オッチョ」が最初バンコクで活躍しているからだ。(むっちゃかっこいいねん)
「ピンクラオ橋がどうのこうの」という会話のあと
彼は舟をぶっとばしてチャオプラヤー川を渡る。
そのとき、河畔の寺がチラリと画面に映しだされた。
ほんの一瞬。
白く輝くワット・アルン。
だがその一瞬で、私は発作を起こしてしまった。

 「うおおおお! タイ行きてぇ!」

だから実際に川を渡りワット・アルンへたどり着いたときは、とても嬉しかった。
嬉しさのあまり心の中で『一人トヨエツごっこ』をして遊んでみた。
水上バスの中、一人で「ぐふふ」と笑っている日本人はさぞかし不気味だっただろう。

一人トヨエツごっこ中の景色

ワット・アルンにも猫は多い。
が、ここの猫はな昔からあんまり愛想を振ってくれない。
 「すみません、一枚写真を・・・」
と申し出たら、
 「何よ?」

なんやねん、アンタ


すんごい、見下されました。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ←気が向いたら1クリックお願いします…


タイ(2009年) | 【2009-03-03(Tue) 17:34:23】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
次のページ

リンク
BlogPeople

広告

・ AIUの海外旅行保険
・ H.I.S.
・ 海外航空券ならJTB


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。