最近の記事
カテゴリー
猫リスト
検索フォーム
ブログランキング
ランキングに参加してみました。 よかったら押してください。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール

だだ

Author:だだ
方向音痴で胃腸虚弱で臆病者の旅行好き

月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
階段の踊り場で
1日遊んでたくさん食べて。
今夜はビールも飲んじゃった。
宿へ戻るまえにちょっとだけメールをと、
ネットカフェへつづく階段をのぼっていったら。
踊り場に、白い猫がいました。
通せんぼしてました。
  「猫さん猫さん。そこ、通してよ」
  「・・・・・・」
無視されました。
  「ちょっとどいてよ。踏んじゃうよう」
  「・・・・・・」
明らかに無視されました。
私のほうを見ようともせず、毛皮の掃除に余念がありません。
そんな私たちを見ていたのか、向こうのほうからおばちゃんが、
  「○×■☆!」
ベトナム語で一声、猫に呼びかけました。
すると猫は重たい腰をあげ、しぶしぶ降りていったのです。
やっぱり日本語は通じないのかな。
それとも、ゴハンだよ! って言われたのかな?


お母さんなの?


↓ランキング参加中です。気が向いたらクリックしてやってください。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

スポンサーサイト
ベトナム | 【2008-02-25(Mon) 19:01:18】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
メコンデルタの猫
「メコンデルタツアー」で、島をお散歩していたら。
猫がお昼寝してました。

メコンデルタの猫

ベトナムも北部は寒いけど、南部のほうは冬でも暑い。
かなり暑い。
人間だってシエスタしてた。
・・・猫は一日の半分くらいシエスタだけどね。

はんぶんこの顔

うん。
なかなか、いい顔してるね。
右側がお父さん似で、
左側がお母さん似とか?

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

ベトナム | 【2008-02-18(Mon) 22:21:03】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
裏町の子猫
ホーチミンでの宿は、安宿街から一本はずれたところにあった。
レストランや旅行会社が軒を連ねるにぎやかな通りから、
生活感あふれる路地に入る。
狭くて薄暗いけれど、そこにはいつも子供の笑い声が響いていた。

そこで灰色の子猫に出会った。

ホーチミンの子猫


じっとしていられないお年頃。
私の指にじゃれてちょろちょろ走り回る。
すると、さっきまで一緒に遊んでいた子犬が部屋から顔をのぞかせた。
  「僕とはもう遊ばないの?」
誘われて、子猫はまた犬にじゃれつきながら家の中へと戻っていった。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

ベトナム | 【2008-02-17(Sun) 10:05:27】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
折り返しホイアン
観光地の猫はきれいだ。
外国人が可愛がるせいかな。
これはツーリスト向けレストランの猫。

ホイアンの猫

ホイアンは旅の折り返し地点。
短い旅なのでもう半分終わっちゃったのかとびっくりしたものだ。
今回は本当に、本当に帰りたくなかった!

ホイアンの夕暮れ

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ


ベトナム | 【2008-02-13(Wed) 18:57:10】 | Trackback:(0) | Comments:(2)
ひとやすみ
これもダナンの猫さん。

物陰から見つめる

ダナンは晴れて、あったかく、美味しいチェーにありついた町だった。
観光するところはあんまりないから、
ハン川沿いの散歩道でぼーっと過ごした。

広い散歩道を利用して、エクササイズしている親子がいた。
中年のお母さんと、
10歳くらいのお姉ちゃんと、
7才くらいの坊やだった。

3人は、駆けっこしたり、
ラジオ体操みたいなのをやったり、
垂直ジャンプしたりして、
きゃあきゃあふざけながら動いていた。

しばらくして、向こうのほうのベンチに座っていたご婦人が子供達を呼んだ。
 「そろそろ帰りますよー!」
その人が本当のお母さんだった。
一緒に運動していたのは近所のオバサンか何かなんだろう。

オバサンは子供達に手を振って母親のもとに帰した。
上着を着て、帽子をかぶり、
仕事に戻る格好になった。
そして振り返った。
母親と合流して小鳥のように喋りながら遠ざかっていく子供たちを、
しばらくぼんやり見送っていた。
そのときのオバサンの顔つきは、ものすごくテンションが低かった。
さっきまで子供たちとはしゃいでいた人とは思えないくらい物憂げだった。

ベトナム人の朝は早い。
4時半頃から通勤バイクの音で目が覚める。
朝早くから日暮れまで働いて、それでも食っていけないから、
午後に一休みしたあとまた違う仕事に出ていく人が多いんだという。
・・・子供たちとの運動は、オバサンにとって大事な「一休み」だったのかな。
 

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

ベトナム | 【2008-02-10(Sun) 17:34:09】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
次のページ

リンク
BlogPeople

広告

・ AIUの海外旅行保険
・ H.I.S.
・ 海外航空券ならJTB


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。