最近の記事
カテゴリー
猫リスト
検索フォーム
ブログランキング
ランキングに参加してみました。 よかったら押してください。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール

だだ

Author:だだ
方向音痴で胃腸虚弱で臆病者の旅行好き

月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
旅のスタイル
いろんな人がいる。
いろんな旅がある。
旅する人の数だけ、旅のスタイルがあるのだろう。

家族旅行、卒業旅行、社員旅行。
団体旅行に一人旅。
友達旅行にハネムーン。
ファーストクラスにエコノミー。
高級ホテルにドミトリー。
それにホームステイ。

極貧旅行で頑張る若者(たまに若くない者)や、
何年もかけて世界を放浪するツワモノも多く、
 「凄いなー」
といつも思う。
思うけど無理!
絶対、無理。

私は、宿は少々汚くてもいいからシャワー・トイレつきを希望。
窓のない部屋は死にたくなるからイヤ。
帰りのチケットはOPENで持ってないと不安。
たまには日本食でもいいな。
そんな感じです。


・・・忘れられない言葉があります。
マレーシアの少女が、バックパッカーの若い男の子を見ながら言った言葉です。

 「日本人はお金持ちなのに、なんで貧乏なフリをしたがるの?」
貧乏なフリ?
 「ふだん日本にいるときは、もっと綺麗な服を着て、
  ちゃんとした家に住んで、
  ハンバーガーとか食べてるわけでしょ?
  なんでマレーシアに来てボロボロの服で歩いてるの?」

日本人みんなが金持ちってわけじゃないから。
飛行機が高いから。
少しでも安くあげたいから。
綺麗な服を着てるとスリに狙われるから。
・・・なんて言えませんでした。

飛行機代を払えるような人が、
わざわざよその国へ着て、
好んで貧乏旅行をする。
本当に貧乏でボロボロの服しか買えない彼女にとっては、
ものすごく不可解・・・を通りこして、失礼だと感じているようでした。

スポンサーサイト
雑談 | 【2006-03-12(Sun) 19:36:37】 | Trackback:(0) | Comments:(2)
旅する文庫本
古本屋が好き。
旅行中にいく古本屋が好き。
安宿街の古本屋では日本語の古本もたくさん売られている。
バックパッカーが日本から持ち込み、読み終わった本をここで売り払い、替わりの本を買っていく。
やがてはその本も、旅先の別の国の別の安宿街にある、似たような古本屋で売られるのだろう。
買われて売られて、持ち歩かれて。
飛行機の中で読まれ、
宿の汚いベッドの上で読まれ、
ぎゅうぎゅう詰めのバックパックに押し込まれて。
そんなふうに小さな文庫本はいくつもの国を旅するのだ。
カオサンの古本屋で買った江戸川乱歩の本には値札シールがいくつもいくつも貼ってあったっけ。
バーツ、リンギット、ルピー、・・・中には私の知らない通貨単位らしいものもいくつかあった。
私はその本を帰りの飛行機の中で読み、日本の古本屋で売り払った。
この本、何年ぶり帰国なのだろうと思いながら。

ちなみに、旅行者の集まる古本屋ではガイドブックが超高値で取引されているのが憎たらしいところだ。

雑談 | 【2006-04-14(Fri) 11:12:19】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
鬼ごっこ
天と地の狭間。
青と蒼の狭間。
どこまでもつづく草の海を子供たちが走り抜ける。

(モンゴル)

 「ここまでおいで!」
って言われて私も走ってみたけれど、空気が薄くてとても走れたものではない。

転んでも泣く子は一人もいなかった。

雑談 | 【2006-04-29(Sat) 18:15:01】 | Trackback:(0) | Comments:(2)
どうでもいい話
ものすごく突然、ものすごくどうでもいいことを思い出した。
バンコクのMBKにあった和食の店。
ラーメン屋だったかもしれない。
店の名前が日本語で
 『8番』
ポスターの日本語もどこか得意げで、
 「8番!これが8番の味!」
・・・なんで?
なんで8番?
なんで1番や2番や3番や4番(以下略)じゃなくて、8番なの?
店の前を通るたびに気になって仕方が無かった。
あの店、今でもあるんだろうか。

雑談 | 【2006-05-03(Wed) 22:24:11】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
消極的一人旅考
私はツアーでも行くし、友達と2人3人旅行にも行くけれど、やっぱり一人旅が好きだ。
そう言うと決まって
 「一人旅って寂しくない?」
と、きいてくる人がいる。
本来ならば
 「ぜんぜん平気!」
と答えるべきなのだろうが。
私は必ず
 「寂しいで! むっちゃ寂しい!」
と言ってしまう。

実は私はかなりの寂しがりやだ。

一番寂しいのは空港の待合室。
乗ってしまえば、隣の人に話しかけたり、映画を見ることもできるが、待合室では何もすることがない。
フライトが遅れたことをグチグチ話す相手もいない。
一人ぼっちで、ただただひたすら
 ぼーーーーーーーーーーーーーーーーーっ
と過ごす、壮絶な空しさ。
あの退屈さはほとんど耐え難いくらいである。

それから食事。
安食堂でものすごく美味しい料理に出会っても、一人旅だと
 「これ美味しいね!」
と肯きあう相手がいないのだ。
仕方が無いから、食堂のおばちゃんを捕まえて
 「これ美味しい! 美味しいよ! 美味しいからマジで!」
を連発するのだが、おばちゃんも忙しいのであんまり相手をしてもらえなかったりすると、ちょっと寂しい。

それからトイレが困る。
一人だと交代で番をするわけにもいかないので、トイレの中まで荷物を持って入らなければならない。
邪魔だし、汚いトイレだと修羅場になってしまう。
・・・ああ、これは寂しいのとは関係ないか。

他にもデメリットはたくさんある。
失恋旅行と勘違いされるとか。
道端でつまずいて無様なポーズで倒れても、誰にもフォローしてもらえないとか。

でも、それをカバーして余りある良さが一人旅にはあるのだ。
・・・それは何だと問われたら、ちょっと答えに詰まるのだが。
自由気侭。
考える時間の多さ。
友達としゃべっている間に見過ごしてしまうものが、一人だからこそじっくり見えてくることもあるだろう。

寂しくない? ときいてくる友達に
 「寂しいから、今度は一緒にインドに行こうや」
と誘うと、相手は必ず
 「嫌」
と拒否する。
インドは本当に、女一人旅のひとが多かった。

雑談 | 【2006-05-17(Wed) 12:02:16】 | Trackback:(0) | Comments:(6)
ジャワ島の思い出
今朝、インドネシアのジャワ島で地震が起こったという。
現在わかっているだけでも死者は2700人を越えたという。

・・・ジャワ島には、以前、行ったことがある。
あれは障害者ツアーだった。
全身に障害のある妹を連れてボロブドゥール遺跡へ行ったのだ。

とはいえ、ボロブドゥールは階段だらけの小山のような寺院。
近くまでは行ったものの、
 「車椅子では下から見ることしかできない」
と諦めていた。
よくあることなのだ。

ところが!

添乗員さんとガイドさん、それに、そこいらじゅうの人たちが寄ってたかって車椅子を担ぎあげ、とうとう妹は遺跡のてっぺんまでのぼりきってしまった。
妹の嬉しそうな顔を、私達家族はきっと一生忘れない。

・・・無事でいるだろうか。
あのとき車椅子を担いでくれた人たちは。
土産を買った店の人たちは。
ガイドさんは。
みんなみんな無事でいるだろうか。

神様仏様

助けてあげてください。神様。仏様。

雑談 | 【2006-05-27(Sat) 23:23:09】 | Trackback:(0) | Comments:(4)
信じてくださいよ
旅先で見たものの話をしたら、たまに信じてもらえないことがある。
といっても、べつにスゴイものを見たんじゃない。
すごく貴重なものを見たとか、
修験者が宙に浮かんでるのを見たとか、
そんな話でもない。
大袈裟な話のほうが「インドならありえるかも」と信じてもらえるのかもしれないが。
そうではなくて。

さりげなくて、どこにでもいる、生き物達の話だ。

コケる牛の話
 ガンジス川の川岸は、ぬれていて、すべりやすい箇所がある。
 しかも幅広い階段状になっているものだから、
 その辺りをお散歩していた牛が、
  つるっ!
 と足を滑らせて転んだのだ。
 膝から前倒しにアゴまでぶつけて、
 それはもう見事で無様な転倒っぷり。
 しかもツルツル滑るから、しばらく立ち上がれずにもがいていた。
  「ええー、四本足なのにそこまで転ぶか?」
 ・・・4本とも滑ったんだよ!

バッグの中の蛇の話
 バンコクのとあるお寺で、芝生に座ってくつろいでいた。
 気持のいい芝生で何人も座り込んでいたのだが、
 そのへんに置いてあったバッグをふと見ると、
 ・・・動いている。
 動いている。
 中に何か入ってる!
  「ヘビだー!」
 バッグの中に、ニシキヘビ。
 私の足より太い大蛇が、うねうねとのたくってたのである。
  「ネタやろ?」
 ・・・違うから !

走る魚の話
 マラッカの町を流れる川を見ていた。
 妹と2人で
  「こんな汚い川にも魚がいるんだね~」
 と覗き込んでいたのだ。
 鮒とか鯉とか、フツーに泳いでいるフツーの魚だ。
 その1匹が突如、ぽちゃん!と跳ね上がって中州に上陸。
  スタタタタ・・・!
 とエラで走って中州(幅3mくらい)を横断し、
 再び、ぽちゃん!と水へ跳びこんだのである。
 しばし無言の私達だったが、
  「今の見た?」
  「見た見た!」
  「魚が走ったーーー!」
 大騒ぎで妹の旦那を呼びにいったが、彼は
  「そんな魚いるわけない」
 と一蹴。
 今に至るまで、この話は誰ひとり信じてくれない。

・・・誰か信じてください。

雑談 | 【2006-08-31(Thu) 15:55:41】 | Trackback:(0) | Comments:(4)
旅行の準備
冬が近づいてきました。
今年も私は、旅にでます。

(1)12月13日~22日まで、台湾。
(2)1月17日~24日まで、エジプト。
(3)エジプトの続きで、モロッコ。

そろそろ準備を始めなくちゃならない。
航空券とかじゃなくて、
今回は買い換えるべき物がいろいろとあるのですよ。


まずは、バックパック。
これまでは30リットルのリュックサックを背負っていました。
コーナン特価で5千円!という代物。
小さい!
軽い!
安っぽい!
生地なんかペラペラだし、超カッコ悪いし、
・・・そのうえウルトラ背負いにくい!
だけど案外、頑丈なもので、ネパールでファスナー壊されるまでは全然平気だった。
壊れても無理にくっつけて、去年は短い旅行に2回使ったし。

しかし今日、ついに新しいのを買ってきました。
ちょっと大きめ40リットル。
家に帰って背負ってみたら、あんまりカッコ良かったんでびっくりしました。
 「私、登山者みたい!」


もう一つ買いたいのは、カメラです。
これまでは一眼レフを持っていってました。
もちろん、フィルム。
ミノルタの28~200ミリの純正レンズをつけて。
でも最近、ようやく気がついた。
ついに気がついちゃった。
・・・・私って、カメラの才能、ないわ。

どうせへたくそ写真しか撮れないのならコンパクトで十分。
記録より記憶。
画像より思い出。
私は写真より言葉、文章を愛する人間です。
この際、開き直ってしまいましょう。

ということで小さいデジカメを持っていくことにしました。
今使ってるデジカメはFinpixのF30。
「三十路さん」と名前までつけて可愛がってるカメラです。
だけど。
ものすごく気に入ってるので、気に入りすぎて、
・・・壊れたら泣いちゃう。
それだけは避けたい。

ハードな旅行に耐えられる専用カメラをもう一台。
そう思って探しているのですが、ちょうどいいものが見つかりません。
オリンパスのμ725、ペタンタックスのOptio、リコーのCaplio…。
どのカメラも帯に短し襷に長し。
私が欲しい夢のカメラは、

・28mm~200mm
・防水・防塵・落下衝撃に強い
・メディアはSD
・一度充電すれば500枚
・手振れ防止機能付き
・高感度
・高画質
・色が鮮やか♪

こんなカメラ、出ないかなあ…

雑談 | 【2006-11-21(Tue) 16:55:51】 | Trackback:(0) | Comments:(4)
旅に向かない?
世の中には
 「特技は寝ること!
  いつでもどこでも、スグ眠れる!」
と言う人がいる。
羨ましい。
すごく、羨ましい。
私はいわゆる「枕が変わったら眠れない」人種。
眠るのが下手なのだ。
旅の最初の2,3日はほとんど眠れないし、
乗り物の中でもほとんど眠れない。
飛行機もダメ、バスもダメ。
寝台列車が好きなのは、私がちゃんと眠れる唯一の乗り物だからだ。

世の中にはまた、
 「なんでも食べる!
  食べられる!
  胃腸の強さには自信アリ!」
と言う人もいる。
こちらはもっと、羨ましい。
ものすごくものすごく、羨ましい。
胃腸虚弱な私は、一週間旅行すれば一週間、一ヶ月旅行すれば一ヶ月間。
ずーっと下痢っぱなし。
トイレとの闘い。
団体ツアーで行ったのに、私独りだけ倒たりとか。
もっと長い旅をすれば体が慣れるのかもしれないが、
逆に死んでしまうかもしれないと、ちょっと勇気が出なかったりする。

そして先日。
椎間板を痛めて医者へ行ったら、医者が
 「あんたは生まれつき骨が細くて小さいねん。
  重いものを持つのは無理や」
リュック、持つなってか!

もしかし、私ってあんまり旅行に向いてないのかも?

ま、関係なく行くけどな~。



雑談 | 【2006-12-10(Sun) 18:31:57】 | Trackback:(0) | Comments:(2)
旅慣れる
旅慣れる、という言葉がある。
旅慣れたひとって、どんな人のことを指すのだろう?

日焼けしてすでに日本人じゃないみたいな雰囲気で、
ガイドブックなんか持ったことなくて、
荷物もすごい小さくて、
裏技みたいな技術をいっぱい知ってる人?

それとも、
旅を続けて3年目ですとか、
訪れた国は100カ国とか、
「旅が日常です」とか言える人?

それとも、
いろんな国の言葉がぺらぺらで、
いろんな国の穴場を知ってて、
いろんな国に友達がいて、
裏技みたいな旅の技術をいっぱい知ってたりする人?

それとも、
一年何回も何回も、お金の限り旅行しまくってる人?

どうやったら・・・どれくらい旅したら「旅慣れる」んだろう?

私はぜんぜん、旅慣れない。
日に焼けないし、
英語へたくそだし、
見るからにジャパニーズだし、
お腹はピーピーいってるし、
どこででも迷子になる自信あるし、
どこでもずっとオドオドしてるし、
葱背負って白菜も抱いて鍋に入って待ってるような鴨だし。

並べてみると我ながら情けねー!

でも、それでいいかな。
私の行く手には、私の旅路が伸びて待ってる。

2007年。
今年の旅の目標は
 「安全第一」
です。

さて。
あなたは旅慣れた旅人ですか。

雑談 | 【2007-01-05(Fri) 02:05:58】 | Trackback:(0) | Comments:(4)
次のページ

リンク
BlogPeople

広告

・ AIUの海外旅行保険
・ H.I.S.
・ 海外航空券ならJTB


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。