最近の記事
カテゴリー
猫リスト
検索フォーム
ブログランキング
ランキングに参加してみました。 よかったら押してください。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール

だだ

Author:だだ
方向音痴で胃腸虚弱で臆病者の旅行好き

月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
ついでの旅モロッコ(1) とりあえずフェズ
1月24日。
モロッコに着いた。
着いたけど。
なんにも考えちゃいなかった。
日本を出るとき、頭の中はエジプトでいっぱいだったから。
そのあとのモロッコのことまで計画をたてる余裕がなかった。
とりあえずどこへ泊まろうか、そんなことを考えていたら入国審査で止められた。
 「なぜエジプトからなんだ?」
 「エジプト観光をしていたので」
 「なぜエジプトへ行っていたんだ?」
 「ピラミッドを見たかったので」
 「なぜ一人でモロッコへ来たんだ?」
・・・なぜと言われましても!
答えに詰っていると警察へ引っ張って行かれた。
なんだか知らない容疑を晴らすために1時間ほど費やした。
一人旅は犯罪なのかと、ちょっと議論した。

なんとか入国したものの。
どこへ行くかはまだ未定。
とりあえずカサブランカの鉄道駅へ行き、
とりあえずひとやすみしていたら、列車が来た。
行き先は「Fez」。
フェズ。
フェズ。
なんか聞いたことのある地名。
とりあえずそれに乗ってみた。

カサブランカを出てしばらくは遠くに海が見えていた。
水平線だ。
大西洋だ。
明るいブルーにきらめく海は、やがて緑の野原に変わる。
なだらかな丘と草をはむヒツジ、まばらな森。

森の木々がサボテンに変わる頃、夕暮れの時刻がやってきた。
モロッコは「マグレブ」と呼ばれる地域に属している。
「日の没するところ」という意味だ。
赤い地平線へキラキラ沈んでいく夕日。
これがマグレブの夕日か。
マグレブの黄金なのか。
列車の影は楽しげに荒野を走り抜けていく。

列車の影

・・・で。
夕映えの中を走破して。
着いてみたらば、真っ暗け。
もう夜だった。
宿探し、面倒くさいなと思っていたところ
 「ぼく、宿屋の客引きなんだけど?」
と若い男に声をかけられた。
その男の子が・・・可愛かったのだ!
今思い出しても、モロッコにいた2週間の中で彼が一番可愛い坊やだった。
別に下心があったわけじゃないけどさ。
おばちゃんもねえ、可愛い子には弱いのよ。
一も二もなくついていく。
その坊やが宿屋の客引きのほかにガイドの紹介なんかもやっていて
翌日がっぽりボラれたことは、ちょっと忘れることにしている。



スポンサーサイト
モロッコ | 【2007-02-25(Sun) 23:06:27】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
ついでの旅モロッコ(2) 迷路
以前、友達とこんな会話をかわしたことがある。
 「へえモロッコに行くの? どんなとこ?」
 「町が迷路みたいにややこしいらしいよ。みんな迷子になるんだって」
すると友達は笑って言った。
 「あんたはどこででも道に迷うから、おんなじやろ!」

ぜんぜん、違う!

私はたしかに迷うのが得意だ。
ひょっとしたら天才かもしれない。
でも、今まではどんなに迷っても平気だった。怖くなかった。
なんとかなるだろうと思っていた。

だけどモロッコの迷路は、違う!

初めて訪れたモロッコのメディナ(旧市街)。
フェズ・エル・バリ。
3秒で迷子。
そのまんま餓死。

いや、それくらいすごい巨大迷路だったのだ。
まがりくねった細い道。
細くて暗くて、狭い道。
両側の壁が倒れてきそう。
無数の小路が血管のように入り組んで、
広がったりつながったり、行き止まったりしているのだ。
そこを大勢の人々が流れていく。
大荷物を抱えたおじさんが歩いていく。
子供が走る。
物乞いが座りこむ。
早歩きのおばあちゃんに抜かされる。
通勤ラッシュ・市場ラッシュはけっこうすごい!
いっぱいに荷を積んだロバが通ると道はふさがれ、身を横にしなければ通り抜けられない。
それは生きた迷路だった。

なんとたくさんの道だろう。
なんとたくさんの人だろう。
私は迷路にとじこめられた。
人と道とにとじこめられた。

見上げれば空も狭かった。
砂色の古い壁にはさまれ、細くのぞいているだけだ。

細く狭い道

窮屈そうな空を見上げて私は窒息しそうになった。
ひょっとすると閉所恐怖症の気があるのかもしれない。
出口がなくて苦しくて、そのへんのひとに道をきいたら、たまたま絨毯屋だった。
あやうく買わされるところだった。




モロッコ | 【2007-02-26(Mon) 21:00:04】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
迷路の妖精
フェズのメディナはすんごい迷路だ。

迷って迷って、迷いつづけて
ぐるぐるぐるぐる、まわりつづけて

フェズの迷路で


壁にぶつかり
道を阻まれ
それでもずんずん歩いていくと、
白いきれいな猫に出会った。
妖精のように白い猫だった。

迷路のなかで白猫に出会った


迷子・道草・遠回り。
歩いたおかげでこの子に会えた。

旅とは迷うことなのだ。
旅とは歩くことなのだ。
たぶん。
きっと。
 

(フェズ/モロッコ)

モロッコ | 【2007-02-26(Mon) 21:00:42】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
ついでの旅モロッコ(3) シャウエン
巨大迷路はもう懲りた。
田舎へ行こう。
きれいな空気を吸いにいこう。

そう思いついてバスに乗り、シャウエンという町へ行ってみた。
バスはがたごと揺れながら山道をのぼり、急なカーブを曲がりきると、パッと明るい町にでた。
白く明るい。
小さな町だ。
可愛い町だ。
山のひだに隠された隠れ里のよう。

喧騒のカイロと巨大迷路の町フェズのあとで訪れたこのシャウエンは、すばらしく美しい町だった。
地中海沿岸を思わせる、白と青の世界(いや地中海行ったことないけどさ)。
ここのメディナは怖くない 青い道


陽が傾くと、シャウエンの青は深くなるようだ。
幻想的な青と白のコントラスト。
なんてメルヘンチックな景色なのだ。
まるで深い湖のような、
鍾乳洞にいるような、
雪と氷でできているかのような、寒さ。

そうなのだ。
寒いのだ。
ものすごく。
みぞれまじりの雨まで降って。

旅先で降られると悲しいものだ。
そのうえ寒いときたもんだ。
みじめな気分で帰ってくると、宿のおっちゃんが
 「これは恵みの雨、3ヵ月ぶりの雨なんだよ。
  今年は雨が少なくて困ってたんだ。
  モロッコは今ハッピーだ」
とにこにこして言った。
私はものすごくアンハッピーな気分だったが、口には出せなかった。
 「明日を楽しみにしていなさい。
  山には雪が積もるだろう」
と彼は言った。



モロッコ | 【2007-02-27(Tue) 21:00:05】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
ついでの旅モロッコ(4)シャウエンの朝夕
山へつづく道を登ってゆくと、町が眼下にみおろせた。
まるで絵本をひらいたようだ。

丘の上から

ときをつくる鶏の声、犬のワンワン吠える声、赤ん坊の泣き声、鍛冶屋の音、サッカーをする子供達の掛け声。
すべての音が雪をかぶった山に吸い込まれていく。
空気は静かに澄み渡る。
朝日をあびたシャウエンの町は、葉っぱのうえの水滴のように輝いている。

その日の夕方。
宿のウェイターが
 「夕日がきれいだよ。見なさい、あの色を」
と空を指さした。
彼の仕事はヒマである。
私しか客がいないのだから当然だが。
日がな一日ドアのところに突っ立って外を眺めていた。
・・・外を。
通りのむこうに広がる緩やかな谷を。

彼はこの景色を毎日眺めているのだけれど、
毎日「美しい」と思っているのだった。
毎日眺めて、それでも飽かない美しさ。
日常に感動できること。
それはとても大事なことに思えた。

「心が洗われる」ってよく言うけれど、
私はシャウエンで肺の中まで洗われた。
エジプトの砂埃をかぶり、フェズの迷路で詰っていたものが、
するどく冴えた山の空気できっぱり洗い清められたようだ。

雪も降ったし

ただし、しっかり風邪をひいてしまった。



モロッコ | 【2007-02-28(Wed) 21:00:28】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
青と白の町で
都会の猫より田舎の猫のほうが身だしなみがいい。
 「綺麗な猫さんですね!」
といってカメラを向けると、おじいちゃんは喜んでくれた。
 「こいつはいつもこの椅子でひなたぽっこをしてるんだよ」
と言って。
ひなたぼっこしてるんだよ


(シャウエン/モロッコ)

モロッコ | 【2007-03-01(Thu) 19:00:16】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
ついでの旅モロッコ(5) 長距離バス
シャウエンは素晴らしかったが、あんまり寒いので山を下りることにした。
次は海だ。
タンジェだ。
地図

ここまで来たらスペインが近い。
おいしいパエリアを食べにいこう!

張り切って長距離バスに乗る。
モロッコのバスにはCTM(公営バス)と民営バスの2種類がある。
CTMは目的地をめざしてまっしぐらに走るから、速いし、きれいだし、
スーツ姿の係員が乗客のチェックをしてくれるので、なんとなく信頼できる感じがする。

CTMバス

対する民営バスはずいぶん違う。
車内は暗くて埃っぽい。
シートが破れていたり底が抜けていたり、雨漏りしたり。
バス停なんかおかまいなしで、かなりどこからでも乗れる。
畑の前から乗る人もいれば、そのへんの家で降りていく人もいる。

大きなターミナルに停車すると物売りが次々と乗ってきて商売をはじめる。
私は12歳くらいの物売りからチョコレートを買って食べた。
スペイン製のチョコでけっこうおいしかった。
時間はちょうどお昼どき。
車内はトマトとタマネギのサンドイッチとオレンジの匂いと、人いきれでごたごたしていっぱいになる。

それは快適な旅行・・・とは、言えないかもしれないけど。
旅が楽しいと思うのはこんな時だ。
今の私には羽が生えてる。
行きたい所へ行き、見たいものを見て、食べたいものを食べている。
こんな贅沢ほかにはない。
私は空を飛ぶ鳥のように自由なのだ。
汚いバスにごとごとと揺られながら、そう感じるのだ。


モロッコ | 【2007-03-02(Fri) 19:00:07】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
美人だろう?とじいちゃんが言った
港町タンジェ。
スペイン人のじいちゃんが、嬉しげに猫を見せてくれた。
タンジェの猫

じいちゃんのご自慢の美人猫。
どうやら、母猫らしい。
 「子猫も可愛いんだ、見においでよ!」
じいちゃんは猫だけでなく、朝ごはんまでおごってくれた。


(タンジェ/モロッコ)

モロッコ | 【2007-03-03(Sat) 19:00:07】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
ついでの旅モロッコ(6) タンジェの猫好き
山の次は、海。
港町タンジェへやってきた。
海はジブラルタル海峡で、向こうへ渡ればもうスペインだ。

なんで海へ来たのかといえば、パエリアを食べたかったからである。
日程的にスペインに渡るのは無理でも、
 「本場に近い港町で本場に近いパエリアを!」
というわけで。
目についた店で早速パエリアを頼んでみたが。

意表を突いて、まずかった。

あまりのまずさに、この町、もういいやと思った。
(治安があんまりよくなかったことも一因だが)

宿をチェックアウトをして、列車の時間までぶらぶらと、道端の猫と遊んでいたら。
猫の飼い主のおじいさんが、

 「おいでおいで、うちへおいで!
  子猫がいるんだよ。
  見せてあげるから、おいで!」

と言う。
文字にすると誘拐犯の誘い文句みたいですが。
おじいさんは優しい人で、旅人を朝食に招待してくれたのだ。

彼はスペイン人の歯医者だった。
スペイン語しか通じない。
私はといえばスペインは「グラシアス」しか知らないが、
・・・スペイン語だろうがアラビア語だろうが英語だろうが、
私は日本語しか話せないんだから、どうせ同じである。

言葉はぜんぜん通じないのに、それでもフェリックス爺ちゃんは表情豊かに、そして多弁に、
故郷のスペインのことをきかせてくれた。
家族や仲間の、いろんな写真を見せてくれながら。
 「観光するなら、やっぱりセビリアだよ!」
爺ちゃんの話を聞いているとスペインに行きたくなってきた。
もうちょっと日にちがあれば行ったのだけれど。

そうしてコーヒーや練乳や砂糖や、
パンやケーキやクッキーや、
バターやジャムやヨーグルトや、
チーズやプリンやジュースなど、
冷蔵庫のありったけの食料をテーブルに並べてもてなしてくれた。
最後に出てきたとっておきが、サラミだった。
 「これはスペインのサラミだ。
  美味しいぞ!」
ナイフで切ってパンやビスケットに載せて食べた。
適度な硬さと弾力があって、少ししょっぱいが濃厚な味がした。
噛めば噛むほど味のでるサラミ。
今まで食べたサラミは何だったのかと思うほど、抜群に美味しかったのだ。
欠片がこぼれてこないかと、子猫がひざに乗ってきた。

帰りぎわ。
 「タンジェはスリが多いからな。
  気をつけて、気をつけて、気をつけるんだよ!」
言いながら、お爺ちゃんは私のポケットいっぱいにキャンディを入れてくれた。
・・・子供みたいな気分になった。



モロッコ | 【2007-03-04(Sun) 19:00:54】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
ついでの旅モロッコ(7) ヴォルビリス
メクネスに滞在し、ヴォルビリス遺跡をみてきました。
・・・また、雨に降られました。

フェズで降られ、シャウエンで降られ、ヴォルビリスで降られ。
そのまえは台湾でもどしゃぶりに降られ

今年はねえ。
なんだかねえ。
雨女らしいよ、私。

ヴォルビリス遺跡 モザイクがきれい

でも、雨の遺跡も情緒があって良いものです。
観光客も少なくて。
コウノトリだけが住んでいる、眠ったような遺跡でした。

 

モロッコ | 【2007-03-05(Mon) 14:31:35】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
次のページ

リンク
BlogPeople

広告

・ AIUの海外旅行保険
・ H.I.S.
・ 海外航空券ならJTB


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。