最近の記事
カテゴリー
猫リスト
検索フォーム
ブログランキング
ランキングに参加してみました。 よかったら押してください。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール

だだ

Author:だだ
方向音痴で胃腸虚弱で臆病者の旅行好き

月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
春巻きが食べたくて
突然ですが、明日から、ベトナムに行きます。
ホーチミン行きます。
9日間ほど行ってきます。

ずっと行きたかったんですよベトナム。
ずっと食べたかったんですよ生春巻。

しかし!
問題がひとつ!
・・・体調が悪い。
ものごっつ悪い。
徹底的に胃腸風邪。
生春巻とか書いてるだけで吐き気に襲われます。

さっき病院に行って
 「明日からベトナムなんです。
  春巻食べれるように胃袋を修理してください」
って言ったら、先生に
 「アホか!」
と笑われました。

でも行きます。
死ぬ気でいきます。
いや、死なない。
生きて帰れるその日まで!

・・・熱さえなければ入国できるよね?


スポンサーサイト
旅日記 | 【2008-01-22(Tue) 11:20:42】 | Trackback:(0) | Comments:(4)
ベトナムから帰ってきました
ただいまです。
昨夜、おそくに帰ってまいりました。
今回は
 「どうだった?」
と感想をきかれても、答えは簡単明瞭です。
 「美味しかった!」

もうねー
ベトナムはねー
ベトナムはねー
何を食べてもねー

フエで食べたチェー
(街角デザート・チェー/フエ)

うまい!

麺類おいしい
ゴハンおいしい
パンおいしい
コーヒーおいしい
デザートおいしい

1週間あまりの短い旅なのに1.5キロ太って帰りました。
・・・どうすんのこれ。
今まで旅した国で一番おいしかったのが台湾ですが、
台湾の次、2番目においしい国がベトナムとなりました。
ちなみに私は「香草はキライ」派なんですがね。

実際、食べ物のほかにネタはないかもしれません。

旅日記 | 【2008-02-02(Sat) 10:33:15】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
いいなぁ! いいかぁ?
3/31の夜から10日余りオーストラリアへ行くことになりました。
ブリスベンです。
同僚たちからは
 「いいなあ」
と羨ましがられましたが。
ぜんぜん、よくない!
よくないんですよ皆さん。
オーストラリアと言っても遊びにいくわけではなく。
結婚してブリスベンに住む妹がまもなく出産予定で、
その手伝いとか付添いとか上の子の世話とか、
ヘタしたら出産の立会いとか、のために行くわけで、

・・・立ちはだかるのは、英語のカベ。
そして人種のカベ(ブリスベン郊外には東洋人はほとんどいないらしい)。

観光旅行なら、いい。
言葉が通じないくらい、へっちゃらだ。
自分ひとりなら、へっちゃらだ。

でも上の子の幼稚園の送り迎えとか、子供をつれて病院とか、なんかかかんか、
ややこしいことになったら、ちょっと、心配だなあ。

白人苦手な私ですが頑張ってきましょう。

しかも帰国は深夜便で、翌朝6時出勤ですよ。
飛行機、ちゃんと飛ぶといいなあ。

旅日記 | 【2008-03-27(Thu) 19:34:07】 | Trackback:(0) | Comments:(2)
観光してます@オーストラリア
前回は、コアラの看板とお肉で売られてるカンガルーしか見られなかったオーストラリアですが。
今回は空港に着くなり
 「ハイキング行くで!」
とスーツケースごと拉致られ、国立公園へ連れていかれました。

そして二晩寝てないにもかかわらず山登りをして、
なかなかの滝とか
ウォーターフォール

滝の裏側とか
滝の裏側

見に行きました。

もちろん、そのあとは

カンガルー

お肉じゃないカンガルーを見ました。
生きて動いているコアラも見ました。

詳しい話はまた今度。

旅日記 | 【2009-02-09(Mon) 06:15:30】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
オーストラリアのスーパーで見つけたもの
キッチン用品売り場で

恐ろしいモノを見つけました。

メッタ刺しにされてる人。

包丁立て

ぎゃあ~!

・・・どうやらコレ、包丁を立てておく道具らしい。

なんでこの形。

旅日記 | 【2009-02-10(Tue) 05:41:22】 | Trackback:(0) | Comments:(2)
危ないオーストラリア
オーストラリア南東部で山火事が発生、多くの死者をだす大惨事になっています。
先日メルボルンから来た人が、目を伏せて
 「ひどい。本当にひどい」
とうなだれていました。
火はまだまだ治まる様子をみせません。

私が滞在するのはメルボルンよりずーっと北の方ですが
山のほうへ行くと
 「山火事危険度」
をしらせる案内板があって、
私がみたときは5段階評価の下から2番目「まあ安全」でした。
国立公園にはたくさんの看板がたっています。
 「キャンプをするな」
 「ここで泳ぐな」
 「犬を連れて入るな」
・・・だけどなぜか
 「禁煙」
のマークはないのですよ。
探したけど、どこにもなかった。
そして見つけたハイカーの夫婦。
奥さんはビールを飲みながら、
旦那さんはくわえタバコで、森を歩いておりました。
どう見ても危ない・・・湿気大国・日本ででも危ない・・・。
だけど禁止じゃないのです。
なんでだろう。

危ないといえば!
昨夜、ブリスベンのシティへ行きましたら、電車の中で会っちゃったんです。
ナイフ男!
若い男が、抜き身のナイフを握りしめてね。
腰のあたりでずーっと持ってる。
べつに誰をねらってるわけじゃないけど。
乗客、みんな固まってた。
車両が突然シーンとなった。
誰も怖くて動けなかった。
誰も刺さずに、男は次の駅で降りた。

どんなところにでも危ない人はいるもんです。

旅日記 | 【2009-02-12(Thu) 06:02:14】 | Trackback:(0) | Comments:(2)
行ってきます
ついさっき帰ってきたばかりのような気がしますが
今はまた関空におります。

最高に楽しかった金沢と、
姪っ子に会いにいったオーストラリアが終わり、
残る最後のひとつ、タイへ行ってきます。

友達との旅行も家族旅行も大好きだけど
一人旅はやっぱり違う。
どんなにトラブっても帰ってこれたら無問題、
ワガママ放題の旅が始まるのです。
リュックをかつぐと背筋がのびる。
荷物の重さが心を軽くする。
・・・さあ、旅だ。

今度こそフライトに問題なく予定通りに帰ってこれますように…。

旅日記 | 【2009-02-15(Sun) 17:00:19】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
タイに来ました
念願のタイ。
久しぶりのタイ。
航空券が投売りされてたタイランド。
数年ぶりにきてみたら、えらい物価が上がってた。
バーツ安が実感できない。
なんか悔しい。

年々エスカレートしていたカオサンロード。
数年ぶりにきてみたら、えらいことになっていた。
もはや安宿街の面影はなく
外国人たちが浮かれ騒ぐただのダンスフロア、
阿呆な若者たちの集合場所みたいになってた。
阿呆代表の私だけれど、
もう若者ではないわけで、
さすがにここには泊まれない。

明日からはチェンマイに飛びます。たぶん。

旅日記 | 【2009-02-16(Mon) 21:08:27】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
ゲーリー到来
来ました。
やられました。
ゲーリーに。
上下水道開きっぱなしとまではいきませんでしたが
現地の薬さえも効かない状態に。
たった数日でこんな酷いことになるとは、
どうもほかの国に比べてタイのゲーリーは遠慮がないようです。
2日間、遊びまくって明後日はチェンライ!と思っていたのに
今日はまる一日、寝てすごさなくてはなりませんでした。
明日はなんとか動けるようになっていればいいのですが。
予定が大狂いです。
くっそー。
負けないぞー!

旅日記 | 【2009-02-18(Wed) 19:39:01】 | Trackback:(0) | Comments:(2)
復活!(たぶん!)
治りましたー・・・だいたい。
結局、なんにもしないで1日半寝てました。
人間、寝るのが一番です。
明日くらいからご飯もまともに食べられるかな?
金沢とオーストラリアで太ったのがいい感じで痩せて帰りそうです。

昨日は半日だけ観光してきました。
古都チェンマイのお寺めぐりです。

で。

由緒ある大きな寺で仏像を拝んでいるときに。
外国人観光客がどやどやと入ってくるわけですよ。
外国人、といえば私もそうなのだけど
アジア人じゃなくって欧米人。
もっといえば、白人。
ツアー客でもなさそうでしたが。
来る人、来る人、ぜんぶやかましい。
でっかい声で
 「わんだほー!」
と叫び、
フラッシュたいてバチバチ写真を撮って
いちおう靴はぬぐものの、どかどかと遠慮なく大またで歩き回ってそのまま去ってく。

私は思わずヤンクミになって、彼らの前に仁王立ちしようかと思った。

・・・いいかオマエら!
仮にもここは宗教施設だぞ!
仏様の前だぞ!
動物園じゃないんだ!
異教徒だからってその態度はなんだ!?
とにかくひとつ、そこに座れ!
仏様の前で足の裏をみせるな!

だけど英語ができないからやめておいた。

どんな宗教の教会であろうと、日本人ならあんな態度はとらない。
そうして彼ら欧米人観光客の前では
由緒ある寺院も
エレファントショーも
おサルのショーも
カレン族の村も
同じような「見せ物」になってしまうのが悲しかった。
(おまえらは黄色いサルだと、時代錯誤な発言を、私は言われたことがある。)

旅日記 | 【2009-02-20(Fri) 20:42:41】 | Trackback:(0) | Comments:(2)
次のページ

リンク
BlogPeople

広告

・ AIUの海外旅行保険
・ H.I.S.
・ 海外航空券ならJTB


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。