最近の記事
カテゴリー
猫リスト
検索フォーム
ブログランキング
ランキングに参加してみました。 よかったら押してください。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール

だだ

Author:だだ
方向音痴で胃腸虚弱で臆病者の旅行好き

月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
猫に会う旅
1ヶ月ほどアジアに行ったとき、何かテーマを決めてやろうと思った。
それで、猫。
100匹の猫に出会う旅。

陽だまりの猫


猫は日本人だからって小銭をたかってきたりしないし、
英語考えなくてもいい相手だし、
・・・なにしろ可愛いから。

スポンサーサイト
タイ・アジア・ミャンマー・ラオス・マレーシア | 【2006-01-21(Sat) 18:47:21】 | Trackback:(0) | Comments:(2)
ミャンマーの猫屋敷
猫100匹に出会う旅。
そう決めて地道にぼちぼち探しはじめたわけだ。
バンコクで10匹、
クアラルンプールで5匹、
クチンで12匹・・・

ところがミャンマーの首都ヤンゴン。
サイカードライバーのおっちゃんに
 「このへんで猫飼ってるお宅しらない?」
と尋ねたところ、
 「よっしゃ!
  とっておきの猫スポットに案内しよう!」

と連れていかれた先は・・・

ミャンマーの猫屋敷


見事な猫屋敷でした。
小さな小さな雑貨屋さんに、足の踏み場もないくらいの猫・猫・猫。
箪笥にも猫。
階段にも猫。
カマドにも猫。
猫・猫・猫・・・猫を踏まずには歩けない家。

なんか一瞬で目標達成しちゃったよ。

タイ・アジア・ミャンマー・ラオス・マレーシア | 【2006-01-21(Sat) 21:26:18】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
ジャングル猫
マレーシアはクチンで道に迷った。

観光客はいなくなるし、
建物はだんだん少なくなるし、
家の形もなんか違うし、
気がつけば周りは木や草がボウボウ茂って
これは立派なジャングルではないか。
・・・どうしましょう。
と思っていたら、草むらの中から猫がニョキッと顔を出した。

ジャングル猫


 「お前、誰だよ」
とでも言いたげに。
ふてぶてしい様子で私を睨んだ。
ちょっと怖い顔の猫。

後で聞いたら、そこは先住民族イバン人の村だったらしい。
観光客を好まない土地だ。
猫も私を侵入者だと思ったのかもしれない。

タイ・アジア・ミャンマー・ラオス・マレーシア | 【2006-01-22(Sun) 11:55:18】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
本屋の猫
タイのバンコク。
世界中からバックパッカーが集うカオサン・ロード。
そのど真ん中にある古本屋で、
出迎えてくれる猫たちがいた。

カオサンの本屋


楽しい旅の途中でも、活字が恋しくなる時もあるし、
猫が恋しい時もある。
一休みしに本屋へ行こう。

あの子達はまだ元気かなあ…。

タイの猫

タイ・アジア・ミャンマー・ラオス・マレーシア | 【2006-01-26(Thu) 16:03:56】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
食べたいらしい
「ほしい。
 くれよ、それ。」

カレー食べる?


 「いや、あの、カレーだし・・・。」

in クアラルンプール/マレーシア

タイ・アジア・ミャンマー・ラオス・マレーシア | 【2006-01-30(Mon) 19:40:57】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
黒猫
影のような黒猫がこっちを見ていた。

黒猫

(コラート/タイ)

タイの猫

タイ・アジア・ミャンマー・ラオス・マレーシア | 【2006-01-30(Mon) 19:54:18】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
川の猫
マレーシア。
「猫」という意味の町・クチン。
町中もたいがい猫だらけでしたが、
川向こうの先住民の村にもたくさん猫がいました。

川猫


マレーシアの猫

タイ・アジア・ミャンマー・ラオス・マレーシア | 【2006-03-16(Thu) 15:05:04】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
シリラート博物館
ガイドブックにも載っている有名所、なのにツアーではまず組み込まれないという観光地がある。
それにはもちろん、それなりの理由があるわけで。
バンコクの「シリラート病院」もその一つ。
私も前々から名前を知ってはいたが訪れる勇気は出なかった。
たまたま知り合った旅行者に誘われなかったら、未だに行けないままだったろう。

舟で川を渡り、細い道を歩いてたどり着いたのは、古くて黒ずんだ病院だった。
まるで廃墟のような佇まい。
バンコクの明るい光の中にありながら、そこだけどんよりと空気が淀んでいるようだ。
中に入るとなお薄暗い。
古くて暗くてますます不気味・・・映画『感染』や『着信アリ』が自然に頭をよぎる。

なぜ、こんなにも暗いのか。
なぜ、こんなにも怖いのか。
なぜ、こんな所が観光地なのか。

・・・だってそこは「死体博物館」だから。

それは病院の中に作られた博物館で、正式名称は何ていうのかな?
法医学博物館? シーウィー博物館?
解剖学博物館とか寄生虫博物館とかも加わって、それはもう、えげつない博物館なのである。

以下は怖いのOKな人だけどうぞ。


“シリラート博物館”の続きを読む>>
タイ・アジア・ミャンマー・ラオス・マレーシア | 【2006-03-31(Fri) 17:15:48】 | Trackback:(0) | Comments:(4)
南国の猫
こちらもバンコクの猫。

夏ばての猫


バンコクは本当に猫だらけでしたが、
・・・暑いよなー、やっぱり。

タイの猫

タイ・アジア・ミャンマー・ラオス・マレーシア | 【2006-04-11(Tue) 19:12:21】 | Trackback:(0) | Comments:(2)
猫の昼寝場所
猫って、高いところが好きだよね。
落ちたりしないのかなあって、時々思う。
これも多分バンコクの猫。
自転車の上の猫


タイの猫

タイ・アジア・ミャンマー・ラオス・マレーシア | 【2006-04-15(Sat) 23:03:44】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
次のページ

リンク
BlogPeople

広告

・ AIUの海外旅行保険
・ H.I.S.
・ 海外航空券ならJTB


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。