最近の記事
カテゴリー
猫リスト
検索フォーム
ブログランキング
ランキングに参加してみました。 よかったら押してください。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール

だだ

Author:だだ
方向音痴で胃腸虚弱で臆病者の旅行好き

月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
アンジー
アンジー。
オス猫。

初めて会ったときは野良だった。
捨てられて間もないのか人懐こい猫だった。
目がくりくりと大きくて、こんなにかわいい子猫は見たことがないと思った。

ニ度目に会ったのは事故のとき。
車にはねとばされ溝の中に転がっていた。
愛らしい顔が無惨に変わっていた。
頭が割れ、目玉がとびだし、アゴも喉も裂けている。
裂けた喉から声をふりしぼってギャーギャーと鳴いていた。
死にたくない。
死にたくない。
そう叫んでいるように思えた。

動物病院に連れていくと、一度は、
 「頭蓋骨が割れているし・・・まあムリでしょう」
と言われたのだが。
翌日。
電話がかかってきた。
 「奇跡です!」
子猫は生きのびた。

会いにいってみると、生きのびた子猫は、まるでジリスのような顔になっていた。
左目はオレンジ色に濁り、そして異様にアゴが細い。
 「だいぶ骨をさがしてみたんですけど、どうしても足りなくて」
と医者は言った。
それでもジリスのような顔の猫は、私を見てギャーギャーと喜んでくれた。
だけど・・・。
だけど本当はきっと、あの最初の事故で死ぬはずだったんだ。
運命が変わってしまった。
私が変えてしまった。

退院してきた猫を私達がひきとって「アンジー」と名づけた。
アンジーは、ちょっと変わった猫だった。
母に言わせれば
 「最初の事故で頭を打ったせい」
らしい。
自分のことを犬だと勘違いしているフシがあった。
ひとなつこくてお人よし。
呼べば必ずニャアと応える。
友達も犬ばっかりだ。
ご近所の犬たちとはみんな知り合いで、犬の方から尻尾をふって寄ってくる。
隣家のレトリバーとはお腹をなめさせて遊んでいたくらいだ。
そのぶん、うちの猫とはケンカばかりしていたのだけど。

アンジーは買物に行くのが大好きだった。
家から5分のスーパーに、ひょこひょこ歩いてついて来る。
そして私達が出てくるまで忠犬よろしく待っている。
・・・待っている。
何時間でも、待っている。
私達が違うドアからさっさと帰ってしまっても、気づかずに、
  「まだかな、まだかな」
とずーっと座って待っている。
子猫じゃあるまいしいつか帰ってくるだろうと、放っていたら、日が暮れた。
運の悪いことにその夜は嵐だった。
大風!
大雨!
大嵐!
さすがに心配になって探しにいくと、深夜のスーパーの前にちょこんと座って
 「まだかな」
と待っていた。

それでもアンジーは怒らなかった。
およそ怒るということがない猫だったのだ。
いつでもご機嫌。
いつでも愛想よし。
一度だって人間相手に拗ねたり唸ったりすることはなかった。
子供の相手も嫌がらず、たとえ尻尾をひっぱられても、ちょっと振り向いて
 「なんか用?」
と言うだけだった。
渡世術を心得ているというよりは、やっぱり、・・・馬鹿だったんだろう。

馬鹿な証拠に。
一度は死にかけたにもかかわらず、アンジーは車が大好きだった。
趣味はドライブ。
走ってる車を眺めるのも大好き。
あんまり好きすぎて、自分から車に飛び込んでいくくらい。
危ないということが分らないのか、何度ひかれても懲りずにまたひかれた。

でも結局、死んだのは交通事故ではなかった。
奇跡のように蘇り、何度ひかれても元気だったアンジーは、
信じられないような別の事故で死んだ。

我が家には障害者用のエレベーターがあるのだが、年に1度、業者がやってきて点検をする。
アンジーはお客さんが大好きだったから、そのときも業者さんを歓迎しにいった。
そしてエレベーターの機械に巻きこまれてしまった。
みんなが目を離した一瞬のスキに。
足がちぎれ、血まみれのスプラッタ状態。
母とエレベーター業者のおじさんが暴れるアンジーを抱えて動物病院に走り、
もう一人の業者さんがその間に血だまりを掃除し、ちぎれた足をきれいな箱にいれてくれた。
(かわいそうな業者さん・・・)

しかし幸い、
 「足を一本切断しなければならないが、命に別状はない」
と医者に言われた。
家族がお見舞いにいくと、3本足でぴょこぴょこ立っていたという。

だが、その日の夕方。
アンジーは突然死んだ。
また別の事故が起きて死んだ。

手術のあと、麻酔が切れて暴れたんだそうだ。
痛くて、暴れて、点滴のチューブが首にからまって、それで窒息して死んだ。
ちょうど来院患者で忙しくなる時間帯、入院患者の部屋には、たまたま誰もいなかった。
100%医療ミスである。
人間なら裁判沙汰だろう。

だが、私達は怒りもしなかった。
怒ることができなかった。
だってこの病院は、最初の大事故のとき奇跡的に命をつなぎとめてくれた、あの動物病院なのだ。
「奇跡です」と電話をしてきた医者が、今度は「死にました」と涙を流している。
運命だったのでしょうとしか、言えなくなってしまった。

きっと、最初の事故で寿命は尽きていたんだ。
それを私が延ばしてしまった。
何度も何度も事故を起こしたのは、もとの運命にもどそうという引力だったかもしれない。
5年という年月は長くないけれど、その間、私たちはとても楽しかった。
多分、アンジーも楽しかったんじゃないかな。
だから、家族の誰も、恨み言を言わなかった。

・・・でも、3本足で走ってるアンジーも、見てみたかったな。
 

スポンサーサイト
我が家の猫 | 【2007-12-29(Sat) 23:33:31】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
とら
とら。
メス猫。
1981~2001年

とら

猫が人と暮らし始める場合、いろんな始まり方があると思う。
捨てられていたところを拾った、友人宅で生まれたのをもらった、ペットショップで買ってきた、など。
とらの場合は、自分でやってきた。

あれは、忘れもしない小学1年生の秋。
朝、私たちを起こしにきた母が言った。
 「静かにしてね!静かに、下に下りてみて。
  台所に、すごい、いいものがあるから・・・」
私と妹はわくわくしながら階段を降りていった。
 「何があるの?ドーナツ?」
 「違うよ」
 「じゃあ、プリン?」
 「もっといいもの!」
母は嬉しげだ。

台所で私たちを待っていたいいものは、子猫だった。
生後1ヵ月くらいだっただろうか。
テーブルにちょこんと乗っかり、お皿からハムエッグを食べている。
びっくりして歓声をあげると、こっちを向いてニャアと挨拶したが、また黙々と食べ物の方へ戻った。
母が連れてきたわけではない。
捨てられたばかりの子猫が食べ物のほしさに勝手にうちに入ってきたのだ。
・・・つまり、食べていたのは私たちの朝ゴハン・・・。

こうして我家に最初の猫が棲みついたのが、1980年の秋。
それは、一番下の妹・優子がうまれた年だった。
とらと優子はいっしょに育った。
一人と一匹は鳴き声がよく似ていて、あれは優子が泣いているのだろうか、それとも猫だろうかと悩むほどだった。

とらはお姉さんぶって、優子を大事にした。
優子が病気のときは、部屋に入らないでガマンしていたし、
そうでないときは、優子の足元で眠った。
赤ん坊を見に来た客を怒って威嚇するということもあった。
とらは、狩人で勇ましい、人間に対しては狂暴な雌猫だった。
人に触られるのを極度に嫌い、なでようとすると血が出るくらい強くかみつく。
だが決して、優子には爪一本ふれることのないよう気をつけていた。

とらがまだ若かった頃、裏庭にコロという名の犬がいた。
心のやさしい穏やかな犬で、自分に近づきすぎない限り、とらはこの犬も可愛がった。
コロもとらを慕っていた。
雷の日など、コロを屋内に入れてやると、犬と猫はなんとなく見つめあったりして、
親しげにおしゃべりしていたようだ。
だがコロは、フィラリアであっけなく逝った。
しばらくの間、とらはひどく気を落とし、主をなくした犬小屋に寝ていた。

2匹目の猫・アンジーがやって来たときは、パニックを起こした。
家のなかに自分以外の猫がいるなんて許せない!
なにしろ、それまでとらは家でたった一匹の猫で、女王様扱いだったのだ。
しかもアンジーはもう赤ちゃんとは呼べない大きさになっていた。
2匹の猫が仲良くなるには時間がかかった。
たくさんケンカもしたが、なんとか共存できるようになってきた、その矢先、
アンジーは事故に遭い、派手に逝ってしまった。

またしても若者に先に逝かれてしまったとらは、このあと一気に老け込んだ。
人を恋しがるようになり、あんなに嫌いだった抱っこをいやがらなくなった。
かみつくどころか、甘えるようになった。
ケンカ相手がいなくなって、さびしかったんだろう。

3匹目の猫・あじゃりが来たとき、とらはもう16才になっていた。
相手が目が開いたばかりの赤ん坊だと知ると、びっくりしはしても、パニックは起こさなかった。
いやな顔をしても、いじめたりはしなかった。
それどころか、よその猫がテリトリーに入ってこないよう目を光らせはじめ、
弱いくせに強気のケンカをしかけて追い払うこともあった。
あじゃりが少し大きくなると、ゴハンを先に食べさせてやったりもした。
それなりに可愛がり、保護者ぶっていたようだ。

それでも、子猫が少し成長すると、またちょっと変わった。
・・・ゴハンの順番が変わった。
絶対に、とらが先。
子猫がお皿に手を出そうものなら、物凄くうなって追い払う。
叱られた子猫は、しょぼんとして座っている。

だが、あじゃりはオス猫だ。
どんどん大きくなる。
逆にとらは、トシのせいでどんどん小さく縮んでいく。
体格差は2倍以上になったが、
それでも力関係は不思議なくらい変わらない。
いつだって、とらはあじゃりより偉いのだ。
とらが声を荒げて怒ると、でかいオス猫のあじゃりは、子猫に戻って素直に従う。
お皿の前でしょぼんと座って待っている。

強くて凛々しいメス猫・とらは、ちょうど20年生きた。
晩年には体が小さくしぼんでいたが、そのかわり、
なにものをもってしても動じない岩のような(妖怪のような)威厳がそなわっていた。

とらは病気と闘って死んだ。
いっぱいの花とハムエッグを添えて庭に埋めてやった。
食いしん坊のとらが、我が家にはじめてやって来た日に食べたハムエッグを思い出したからだ。
出会いと別れのハムエッグ。

とらの食欲を示す話がもうひとつある。
とらが死んで数時間、夜が明けた頃。
母は、お墓に入れる花を切っていた。
 「ふっと振り向くとね、とらが、すーっと歩いていくのが見えたの」
念のため言っておくが、これはとらが死んだ翌朝の話である。
 「台所の方から和室にむかって、歩いてきたの」
台所は、とらにとって「ゴハンのある所」、
和室は「ゴハンをおねだりする所」である。
 「和室でゴハンもらおうと思って歩いてきたんやろか。
ここ何日も食べてなかったから、お腹すいてたんやろうねえ 」
と母は続ける。
 「でも、ごはんのお皿、空やってん。せっかく出てきはったのに、かわいそうに。
  何か入れておいてあげればよかった 」
死してなお、食にこだわる妖怪とら子。
旅路の果てには、きっと美味しいものがたくさんあるに違いない。
思う存分食べて、私達のいくのを待ってておくれ。


我が家の猫 | 【2007-12-28(Fri) 16:55:27】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
いらっしゃい。
香港の路地。
細くて狭くて暗い路地。
さびれた商店がならんでいた。
 「ここ、営業してるのかな?」
ひとの気配のないちょっと怪しい店を、おどおどと覗くと、
カウンターの隅っこからしわがれた声が
 「・・・いらっしゃい・・・」

起こすなよコラ


拗ねたような猫がひとりで店番してました。

(香港)

香港・台湾の猫

香港・上海 | 【2007-12-23(Sun) 23:18:55】 | Trackback:(0) | Comments:(0)


リンク
BlogPeople

広告

・ AIUの海外旅行保険
・ H.I.S.
・ 海外航空券ならJTB


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。