最近の記事
カテゴリー
猫リスト
検索フォーム
ブログランキング
ランキングに参加してみました。 よかったら押してください。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール

だだ

Author:だだ
方向音痴で胃腸虚弱で臆病者の旅行好き

月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
旅先で幽霊
旅先で霊を見たことがありますか?
私はまだ経験が無いのですが、外国でユウレイに会ったらきっと困るでしょうね。
いや、日本だろうが外国だろうが幽霊は怖いに決まっているのですが、
たとえばヒンズー語で
 「うらめしや~」
とか迫られても対処のしようがないし、何が恨めしいのか分ってあげられない。
ムスリムの幽霊だったらお経をあげても退散してくれそうにない。
霊能力者とかどうしてるんだろう。

あ、でもこんなことがありました。
台湾に滞在した時のことです。
夜、部屋中でビシ!バシ!と音がするので目が醒めました。
いわゆるラップ音というやつです。
しかも金縛りつき。
・・・うむ。困った。
そのとき、母の言葉を思い出しました。
微妙~な霊感をもつ母は、
 「金縛りには気合で対抗しろ」
とよく言っておりましたから、私は心の中で叫びました。
 「うるさい!
  うるさい!
 じゃかあしい!!」
最後の「じゃかあしい!」だけ声に出すことができました。
するとラップ音はぴたりと収まり、私は安らかな眠りを取り戻しました。
その後も毎晩、ビシ!バシ!と音は鳴りつづけましたが、
  「黙れ!
   ひとが寝るときにビシバシ鳴るな!」
叱りつけてやったらすぐ大人しくなりました。
ラップ音の正体が霊なら、台湾の霊は日本語を理解するのでしょう。
ちなみに、当時4才の姪っ子には、あの部屋には
 「台湾人のおじいさんがいる」
と宣言されました。
私は誰にも見えないおじいさんと一緒に寝ていたわけです。

さて、微妙~な霊感をもつ母とは、一緒にエジプトへ行きました。
オカルトの聖地ピラミッドには何も感じないと言っていましたが、
ただ一つだけ、
メディネト・ハブの遺跡だけは
 「ここはいっぱいいるね♪」
やたら嬉しそうに言われました。
怖い幽霊がいっぱいいるのではなくて、
たくさんのひとが笑いさざめくような、
パーティ会場の余韻のような、
そんな楽しげな響きが残っているのだそうです。

霊感のない私はまだ外国の幽霊にお会いしたことはないのですが、
・・・なんかここ怖い!
と思ったら実は地下牢のあとだったとか、
・・・なんかここ寒い!
と思ったら実は古代のお墓だったとか、
そんなようなことは多々ございます。
そのあと寝込んじゃったことも何度か。
ガイド無しの個人旅行だと、自分がどこを歩いているか分らないので、
誤ってあんまり行かないほうがいい土地に足を踏み入れてしまうことがあります。
みなさんも気をつけてくださいね。

スポンサーサイト
トラブル! | 【2008-10-31(Fri) 17:56:30】 | Trackback:(0) | Comments:(4)
日本語で話そう
帰国する飛行機に日本人のスチュワーデスさんがいると嬉しいものだ。
旅行中さんざん言葉の壁にぶち当たっていたから、日本人の顔をみると
 「日本語でしゃべってもいいんだ!」
と、ほっとする。
その人が反対側の通路担当だったら喋れないんだけど。

いつかの旅の帰り道。
そんな日本人スッチーのいる嬉しい飛行機に乗っていた。
食事を運んできたときも、前方の日本人ツアー客とは気さくに喋っている。
愛想のいい人だ。
私もなんか喋ろう。
 「牛フィレ肉のステーキかチキンのハーブ焼き、どちらにされますか?」
ああ日本語が近づいてきた!
と思っていたら、私の席まで来ると
 「Beef or Chicken?」
なんで?
なんで英語?
なんで私には「牛フィレ肉」と言ってくれないの?
みれば私の席のまわりは中国人だらけ。
一人旅の私は見た目すっかり中国人団体の中にまぎれていた。
 「Beef!」
 「Beef!」
と中国人の皆さんが口々に叫ぶので、私もついうっかり
 「Beef!」
と下唇かんでF発音してた。
・・・しまった。

次にコーヒーと紅茶を持ってまわってきたときも、
 「Coffee or Tea ?」
ってきかれた。
コーヒー!
って答えればいいのに、ついうっかり下唇をかみながら
 「Coffee!」
またF発音してた。

最後のドリンクのときも普通に英語で話しかけられた。
今更日本語で
 「オレンジジュースください」
と言うのも気恥ずかしくて、どれが一番ボロが出にくいだろうと考えながら
 「Sprite!」
とか言うてみた。
バカみたいだと思いながら。

スチュワーデスさんは乗客名簿とか持ってるはずで、
私が日本人だということも承知しているはずなのだが。
一生懸命F発音しているのを生温かく見守ってくれていたのか、
それとも中国人に溶け込みすぎていたからか、
結局一回も日本語で話しかけてくれなかった。

なんとなく悔しかった。

雑談 | 【2008-10-12(Sun) 22:08:46】 | Trackback:(0) | Comments:(2)


リンク
BlogPeople

広告

・ AIUの海外旅行保険
・ H.I.S.
・ 海外航空券ならJTB


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。