最近の記事
カテゴリー
猫リスト
検索フォーム
ブログランキング
ランキングに参加してみました。 よかったら押してください。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール

だだ

Author:だだ
方向音痴で胃腸虚弱で臆病者の旅行好き

月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
接客猫
バンコク一番のお寺・ワット・ポーにはたくさんの参拝者が
否、観光客がやってきます。
巨大で金ピカな涅槃像をひとめ見ようと、
世界各国からたくさんの人が集まってくるのです。

涅槃増のうなじ
・・・ああ、ブッダ様のうなじは今日も艶かしい。

涅槃僧の近くにはちょっとした木蔭とベンチがあるのですが、
そこで観光客の相手をつとめている猫さんがいました。

どんなに触られても逃げません。
なでると喜んでお尻をだしてきます。
抱っこもOK。
子供の相手も大丈夫。
相手が猫好きだとわかると、自分から膝にのっていきます。
のどをゴロゴロ鳴らして
  「Welcome Thailand !」

抱っこしてもいいよ

10日後に行ったら、やっぱり同じベンチで営業してました。
接客のプロだと思いました。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ←気が向いたらポチッと押してやってください

スポンサーサイト
タイ(2009年) | 【2009-02-28(Sat) 20:27:52】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
だって言葉が分らなかったから
数日前、バンコクの宿でテレビニュースを見ていたら、
チャオプラヤ川で死体があがったと騒いでいた。
茶色い水面にぷかぷか浮いている死体と、
見覚えのある橋が映っている。
私はチャオプラヤ川の水上バスにぼやーっと乗って過ごすのが好きなので
イヤなニュースだなあと思ってはいたが、
でもタイ語のニュースだから詳しいことは分らなかった。

チャオプラヤー川

だけど帰国後、それがありふれた水死ではなかったことを知った。
橋の欄干に白人男性の頭部がぶら下がり
チャオプラヤ川で見つかったのは首なし死体だったというのだ。
(その日のニュース記事

そういえば、頭なかったワあの死体。
水面下に沈んでるんだろうと思ってた。

舟は大事な交通機関だし、
平気であの橋の下も通ったけど。
もし、タイ語のニュースの意味が分ってたら。

・・・知らぬが仏だ。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ←よかったら押してください

トラブル! | 【2009-02-27(Fri) 17:33:42】 | Trackback:(0) | Comments:(2)
タイの猫たち(1)ワット・ポーの子猫
私が初めてタイに行ったのは、もう10年以上前だ。
いかにも野良でガリガリに痩せた猫が多かった。
いかにも途上国の猫、という感じ。

その頃にくらべると、今の猫たちはずっと毛並みがよくなったと思う。
明らかに飼い猫が増え首輪をしている犬猫も増えた。
というのも、バンコクで開かれたとある国際会議をきっかけに
政府が野良犬・野良猫対策に力を入れ始めたからだ。
首輪をつけておかないと、保健所につかまえられて
ワニの餌にされちゃうとか。
 「浮浪者も減っただろう?
  野良犬といっしょに片付けたっていう噂だよ」
なんて話もきいた。
真偽はわからないけれど、とにかくバンコクは町も猫も綺麗になったのだ。

タイの猫たちは人なつっこい。
写真を撮るのに望遠レンズなんてぜんぜんいらない。
相手が猫好きとみると
 「こんにちは!」
って挨拶してきてくれる。

これはワット・ポーで出会った子猫。
トイレと売店のある、細い路地のところでお母さんと一緒にいた。

ワット・ポーの子猫

狭い道だし、人通りも多いから
ちっちゃな子猫は人間たちの大きに足で踏まれてしまいそうだ。
だけど子猫は冒険好きで遊び好き。
すぐに人のいるほうへトコトコと歩いていってしまう。

ワット・ポーの子猫

しまいに、お母さんが怒った。
 「じっとしてなさいって、言ってるでしょ!」

お母さん怒ってるの

・・・お母さん、平手で子猫を張り飛ばしたの。


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ


タイ(2009年) | 【2009-02-27(Fri) 10:12:16】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
帰ってきました
無事にタイから帰国しました。

トゥクトゥク

猫さんと遊んで
つまみ食いしながら歩いて
チェンマイのお寺みて
バンコクで舟にゆられて
・・・とくに何にもしなかった

自由きままで何にも考えてない旅でした。
ふわふわ漂ってるだけの旅でした。

また、おいおい写真UPしていきますね。

旅日記 | 【2009-02-26(Thu) 17:24:55】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
静かに、頼む
バンコクの首相府で反対派の座り込みがまた始まったらしいですね。
3日間がんばるんだとか言うてはります。
ヤフーのニュースを読むまでぜんぜん気づきませんでした。
私は現在、そのバンコクにいるわけなんですが。
水死体があがったとかいうニュースばっかり見てた。

CMにはさかんにアビシット首相が出てきます。
髪の毛も黒々とした若い首相です。
 「みんなでアジアン・サミット(だっけ?)(いや、ASEANか)を成功させよう!」
というCMです。
タイで行われれる国際会議が空港の閉鎖やなんかでずっと延期になっていたのですが
ようやく実現しそうな気配。
反対派はまだごたごたやってますが
もうそろそろ大人しくなってほしいものです。
…お願いだから空港閉鎖とかはナシにしてね。
明日の夜、帰るんだから。

旅日記 | 【2009-02-24(Tue) 22:35:40】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
国歌
昨日は土曜の夜市に出かけました。
5時ぐらいから店が出はじめ、
私が訪れたときはもうだいぶ人が増えてきた時間でした。
家族連れや、にぎやかな若者たち。
そして観光客。
ゆるやかな流れにのって露店をひやかしていきますと
突然、人の流れが止まりました。
誰もかれも立ち止まっています。
・・・午後6時。
国歌が流れているのです。
1日2回、公共の場所に流されるタイの国歌。
国民はみんな静かに立ち止まり、歌が終わるのを待っています。

そういえば、オーストラリアでも国歌をききました。
姪っ子の小学校を見学にいった時です。
朝礼で子供たちが歌っていました。
元気いっぱいに歌っていました。

・・・羨ましい。
素直に歌える国歌があることが羨ましい。
そう思いました。
日本の国歌は『君が代』だけど
歴史と問題のある歌なもんだから
学校の先生に「歌わなくってよろしい」と教えられたくらいです。
私はあの歌、好きなんだけど。
(こんなこと書くとまた噛み付いてくる人がいるのかなあ?まあ拒否するけど)

オーストラリアの小学生が羨ましかったです。
タイに流れている国歌が羨ましかったです。
自分の国を誇りに思う気持ち。
日本人であることに自信をもつ気持ち。
そんな気持ちを表せるきれいな日本語の歌が国歌になって、
日本人みんなが大きな声で歌えたらいいなと思いました。

では、2月最後の日曜の夜。
チェンマイのサンデー・マーケットに出かけてきますね。

旅日記 | 【2009-02-22(Sun) 18:54:59】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
復活!(たぶん!)
治りましたー・・・だいたい。
結局、なんにもしないで1日半寝てました。
人間、寝るのが一番です。
明日くらいからご飯もまともに食べられるかな?
金沢とオーストラリアで太ったのがいい感じで痩せて帰りそうです。

昨日は半日だけ観光してきました。
古都チェンマイのお寺めぐりです。

で。

由緒ある大きな寺で仏像を拝んでいるときに。
外国人観光客がどやどやと入ってくるわけですよ。
外国人、といえば私もそうなのだけど
アジア人じゃなくって欧米人。
もっといえば、白人。
ツアー客でもなさそうでしたが。
来る人、来る人、ぜんぶやかましい。
でっかい声で
 「わんだほー!」
と叫び、
フラッシュたいてバチバチ写真を撮って
いちおう靴はぬぐものの、どかどかと遠慮なく大またで歩き回ってそのまま去ってく。

私は思わずヤンクミになって、彼らの前に仁王立ちしようかと思った。

・・・いいかオマエら!
仮にもここは宗教施設だぞ!
仏様の前だぞ!
動物園じゃないんだ!
異教徒だからってその態度はなんだ!?
とにかくひとつ、そこに座れ!
仏様の前で足の裏をみせるな!

だけど英語ができないからやめておいた。

どんな宗教の教会であろうと、日本人ならあんな態度はとらない。
そうして彼ら欧米人観光客の前では
由緒ある寺院も
エレファントショーも
おサルのショーも
カレン族の村も
同じような「見せ物」になってしまうのが悲しかった。
(おまえらは黄色いサルだと、時代錯誤な発言を、私は言われたことがある。)

旅日記 | 【2009-02-20(Fri) 20:42:41】 | Trackback:(0) | Comments:(2)
ゲーリー到来
来ました。
やられました。
ゲーリーに。
上下水道開きっぱなしとまではいきませんでしたが
現地の薬さえも効かない状態に。
たった数日でこんな酷いことになるとは、
どうもほかの国に比べてタイのゲーリーは遠慮がないようです。
2日間、遊びまくって明後日はチェンライ!と思っていたのに
今日はまる一日、寝てすごさなくてはなりませんでした。
明日はなんとか動けるようになっていればいいのですが。
予定が大狂いです。
くっそー。
負けないぞー!

旅日記 | 【2009-02-18(Wed) 19:39:01】 | Trackback:(0) | Comments:(2)
タイに来ました
念願のタイ。
久しぶりのタイ。
航空券が投売りされてたタイランド。
数年ぶりにきてみたら、えらい物価が上がってた。
バーツ安が実感できない。
なんか悔しい。

年々エスカレートしていたカオサンロード。
数年ぶりにきてみたら、えらいことになっていた。
もはや安宿街の面影はなく
外国人たちが浮かれ騒ぐただのダンスフロア、
阿呆な若者たちの集合場所みたいになってた。
阿呆代表の私だけれど、
もう若者ではないわけで、
さすがにここには泊まれない。

明日からはチェンマイに飛びます。たぶん。

旅日記 | 【2009-02-16(Mon) 21:08:27】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
行ってきます
ついさっき帰ってきたばかりのような気がしますが
今はまた関空におります。

最高に楽しかった金沢と、
姪っ子に会いにいったオーストラリアが終わり、
残る最後のひとつ、タイへ行ってきます。

友達との旅行も家族旅行も大好きだけど
一人旅はやっぱり違う。
どんなにトラブっても帰ってこれたら無問題、
ワガママ放題の旅が始まるのです。
リュックをかつぐと背筋がのびる。
荷物の重さが心を軽くする。
・・・さあ、旅だ。

今度こそフライトに問題なく予定通りに帰ってこれますように…。

旅日記 | 【2009-02-15(Sun) 17:00:19】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
チェックイン恐怖症
先ほど、オーストラリアから帰ってきました。
帰国便のフライト予定は朝の10:25。
8時過ぎにはゴールドコーストの空港に着きました。
が!
着いてびっくり!
 「何よコレ!」
行列・行列・大行列!
ここは何だ?
大スターのサイン会会場とか?
コンサートチケットを求める行列とか?
・・・チェックインしたい人々の群れでした。
建物からはみだしちゃうくらいの大行列。
何かトラブルがあったに違いない、と尋ねてみると

 「大雨で、昨日のフライトがぜんぶキャンセルになってねえ。
  それが今日の便に振り替えられたんだけど、またこの雨でしょう?
  乗客は2倍だしまた遅延の上に遅延だし、サイアク!」

てな具合だった。
昨日の客をぜんぶ振り替え?
ということはWブッキングになっちゃう?
成田行きのお客さんのゴネっぷりを横目で眺めながら
 「これは大阪行きも乗れないかもねえ」
と妹が言った。
いや、困る!
それは困る!
私は今日のうちに帰らねばならない。
だって、明日はタイへ行くんだから。
絶対に今日中に一旦日本に帰るんだから。
・・・と思いつつも、本日中にキャンセルをしたら燃油サーチャージくらいは帰ってくるのだろうかと
思案をめぐらした。

それでも、とりあえずは並ばなくてはならない。
人ごみはなんとか行列の形を成している。
並んで。
並んで。
並んで。
並んで。
4時間半。

何がどうなっているのか、
乗れるか乗れないかすら分らないまま、
すし詰めで並ばされて4時間半。

やっと順番がまわってきた。
何がどうなってんのか知らないけど、私の席はまだあった。
4時間半遅れでジェットスターは飛び立った。

私のフライト待ちの最長記録はエア・インディアの9時間だが、
チェックイン待ち4時間半もちょっとした記録だ。
付き合って共に並んでくれた妹が、疲れきった顔で
 「チェックイン恐怖症になりそう」
と言った。
とっても同感だけど、私は明日もタイを目指してチェックインしなければならない…。

トラブル! | 【2009-02-15(Sun) 01:42:31】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
危ないオーストラリア
オーストラリア南東部で山火事が発生、多くの死者をだす大惨事になっています。
先日メルボルンから来た人が、目を伏せて
 「ひどい。本当にひどい」
とうなだれていました。
火はまだまだ治まる様子をみせません。

私が滞在するのはメルボルンよりずーっと北の方ですが
山のほうへ行くと
 「山火事危険度」
をしらせる案内板があって、
私がみたときは5段階評価の下から2番目「まあ安全」でした。
国立公園にはたくさんの看板がたっています。
 「キャンプをするな」
 「ここで泳ぐな」
 「犬を連れて入るな」
・・・だけどなぜか
 「禁煙」
のマークはないのですよ。
探したけど、どこにもなかった。
そして見つけたハイカーの夫婦。
奥さんはビールを飲みながら、
旦那さんはくわえタバコで、森を歩いておりました。
どう見ても危ない・・・湿気大国・日本ででも危ない・・・。
だけど禁止じゃないのです。
なんでだろう。

危ないといえば!
昨夜、ブリスベンのシティへ行きましたら、電車の中で会っちゃったんです。
ナイフ男!
若い男が、抜き身のナイフを握りしめてね。
腰のあたりでずーっと持ってる。
べつに誰をねらってるわけじゃないけど。
乗客、みんな固まってた。
車両が突然シーンとなった。
誰も怖くて動けなかった。
誰も刺さずに、男は次の駅で降りた。

どんなところにでも危ない人はいるもんです。

旅日記 | 【2009-02-12(Thu) 06:02:14】 | Trackback:(0) | Comments:(2)
オーストラリアのスーパーで見つけたもの
キッチン用品売り場で

恐ろしいモノを見つけました。

メッタ刺しにされてる人。

包丁立て

ぎゃあ~!

・・・どうやらコレ、包丁を立てておく道具らしい。

なんでこの形。

旅日記 | 【2009-02-10(Tue) 05:41:22】 | Trackback:(0) | Comments:(2)
観光してます@オーストラリア
前回は、コアラの看板とお肉で売られてるカンガルーしか見られなかったオーストラリアですが。
今回は空港に着くなり
 「ハイキング行くで!」
とスーツケースごと拉致られ、国立公園へ連れていかれました。

そして二晩寝てないにもかかわらず山登りをして、
なかなかの滝とか
ウォーターフォール

滝の裏側とか
滝の裏側

見に行きました。

もちろん、そのあとは

カンガルー

お肉じゃないカンガルーを見ました。
生きて動いているコアラも見ました。

詳しい話はまた今度。

旅日記 | 【2009-02-09(Mon) 06:15:30】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
金沢旅行
行ってきました。
金沢。

カニ 金沢城

ご飯のおいしい金沢!
優しい人の多い金沢!
雪のない、金沢。

雪吊り

・・・雪のない雪吊りって、寂しい。


茶屋街で白猫さんに出会いました。
美しい飼い猫さんで、
ドアから顔を出したものの、雨が降っているので
 「出ようか? 出るまいか?」
ずっと悩んでいました。

白猫さん

雨の日には、汚れちゃうもんね、白って。
 

国内旅行 | 【2009-02-05(Thu) 00:50:43】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
旅、いろいろ出発
明日から、旅に出ます。

・3日~4日  1泊2日の金沢。同僚達と念願の旅行。
・5日~14日 オーストラリアのブリスベンへ、妹一家を訪ねて。
・15日~26日 タイに一人旅。

いったん家に帰ってくるのが面倒くさいほどの旅程である。
うまく飛行機が飛ぶといいなあ。

国内旅行、家族旅行、そして一人旅と3種類の旅行の中で
いちばん短い一泊旅行が実はいちばん楽しみだ。
友達みんなと考えて考えて、ずっと心待ちにしていた旅だから。
仕事でイヤなことがあるたびに
 「金沢へ行ったら」
 「金沢へ行くまでの辛抱だ」
 「2月になったら金沢が待ってる」
と、現実逃避の糧にしていたから。
『金沢』私達にとって魔法の呪文だったのだ。

旅は、長さ比べじゃない。
旅は、自慢話のネタを掴みにいくものじゃない。
旅は、楽しむために行く。

・・・明日は、一年でいちばん楽しみな日だ。


このブログについて | 【2009-02-02(Mon) 21:59:24】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
日蝕
私が旅した1999年の夏、
トルコでは皆既日食の話題でもちきりだった。
カッパドキアのほうで見られるという話だった。
旅人たちは、猫も杓子もカッパドキアへ向かっていった。

ので、私はあえてカッパドキアへは行かなかった。

・・・みんなと同じが嫌だったのだ。
思えば私も若かった。

あの日、私はディディムのアポロン神殿で日蝕を迎えた。

日蝕@アポロン神殿

ひとけのない、静かな太陽神殿の上空で、お日様はゆっくりと欠けていった。
ちょうど1時20分。
お昼のエザーンが古代遺跡に響いていた。
太陽が半分くらい欠けると、真夏の暑さがすこし薄れたように感じられた。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

この日蝕から数日後。
帰国の日が迫りイスタンブールに戻った翌日、大地震に見舞われたのだった…。

トルコ(1999年) | 【2009-02-01(Sun) 22:23:57】 | Trackback:(0) | Comments:(0)


リンク
BlogPeople

広告

・ AIUの海外旅行保険
・ H.I.S.
・ 海外航空券ならJTB


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。