最近の記事
カテゴリー
猫リスト
検索フォーム
ブログランキング
ランキングに参加してみました。 よかったら押してください。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール

だだ

Author:だだ
方向音痴で胃腸虚弱で臆病者の旅行好き

月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
海線を走るバス
烏来で温泉を堪能したあと高雄へ向かう。
妹たちとは台北で一旦わかれた。
彼らは飛行機でひとっとびで高雄に帰るが、
私は単身、陸路でゆっくりと行くことにしたのだ。
それも一泊二日の東回りで。

またしてもプチ一人旅をはじめる私にむかって、妹が言った。
 「花蓮から台東は、海線のバスに乗るといいよ。
  景色がすっごくきれいだから!」

花蓮の宿のおばちゃんにもすすめられた。
 「台東へ行くなら、バスだね。
  真っ青な海が見えるんだよ」

そうか。
そんなに海がきれいなのか。
よし、それなら!
と思って海沿いを走るバスに乗った。

が。

海線

・・・日本海?

北島三郎のド演歌が似合いそうな悪天候。

私の青い海は、どこ。

しかも。
道、崩れすぎ。
ガケ、崩れすぎ。

海沿いを走る=崖っぷちを走る道だったのだ。
ガードレールもない道が今まさに崖崩れを起こしている真最中だったり、
反対側の山も崩れている真最中だったり、
反対車線が崩れた土砂にうずもれちゃっていたり。

・・・いやあ。無事に着いてよかった。

台湾 | 【2006-12-27(Wed) 18:35:27】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



リンク
BlogPeople

広告

・ AIUの海外旅行保険
・ H.I.S.
・ 海外航空券ならJTB


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。