FC2ブログ
最近の記事
カテゴリー
猫リスト
検索フォーム
ブログランキング
ランキングに参加してみました。 よかったら押してください。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール

だだ

Author:だだ
方向音痴で胃腸虚弱で臆病者の旅行好き

月別アーカイブ
車椅子とエジプトへ(12) カイロ博物館
エジプト観光最後の日。
トリを飾るのは、カイロ考古学博物館だ。
博物館は泊まっていたホテルの目の前にある。
道路を渡れば徒歩1分。
ほんまに目の前・・・なのだが。

渡れねー!

あの道路。
ラムセスヒルトンの前の交差点。
2年前にもチャレンジしてみた。
2年前にも無理だった。
前にも書いたが、カイロの道路はクレイジー。
車が多い。
信号が無い。
絶対止まってもらえない。
歩行者は、轢いとけ。
車椅子でも、たぶん轢く。
容赦が無い。

命が惜しいのでバスに乗って渡った。
 「椿はミイラ見ないからね!」
と宣言する子をひきつれて。

しかし。
ミイラを見ようが見るまいが。
子供にとって博物館という所は、
古い古い石像が沈黙して並んでいる博物館というものは、
そりゃあ不気味な所なのだ。
しかも子供というやつは。
見えてはならないモノまで見えて。
 「こーわーいー!」
としがみついてきた。
 「○○○がいるー!」
・・・私まで怖くなったりもして。

気のせい、気のせい。
ほーらアヌビス。
ワンちゃんだよ。
可愛いでしょ?
なんて、誤魔化したりして。

そうして、ついにたどり着く。
カイロ博物館の目玉。
エジプト観光の目玉。
ツタンカーメンの黄金のマスク!
U子の大好きなテレビ番組に何度も何度も登場した、
憧れの人・ツタンカーメンである。

ピラミッドの時と同じように、U子はまた、なんにも言えなかった。
声をだすこともできなかったのだ。
母が
 「あらあら、泣きそうな顔してるよ」
と微笑んで言った。
ツタンカーメンの黄金のマスクは何千年も前からずっとあって、
何千年先までずっと輝きつづけるだろう。
だけど長い長い歴史の中で、
あの日あの時あの一瞬・・・あの一瞬だけ、私達のために時間割いてくれたように思えた。
U子を待っていてくれたように思えた。

大感動の大人たちをよそに
 「こーわーいー!」
相変らず黄金のマスクにに近づくことすらままならぬ椿。
白目がちな顔がコワイらしい。
後ろに回るとようやく泣き止み、
 「どうしてこのひと髪の毛を結んでるの?」
黄金のマスクの髪型に注目していた。
 「みつあみにしてるの」
よくみたら、たしかにツタンカーメンの後姿はちょっと可愛かった。

そのあと竹内海南江になりきって、
 「そこではここでクエスチョン!」
と、『世界ふしぎ発見!』ごっこをしたなんてのは、ナイショだ。

エジプト(2007年) | 【2007-02-21(Wed) 21:00:52】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



リンク
BlogPeople

広告

・ AIUの海外旅行保険
・ H.I.S.
・ 海外航空券ならJTB