最近の記事
カテゴリー
猫リスト
検索フォーム
ブログランキング
ランキングに参加してみました。 よかったら押してください。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール

だだ

Author:だだ
方向音痴で胃腸虚弱で臆病者の旅行好き

月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
車椅子とエジプトへ(15) 旅の終わりと歌うエレベーター
1月23日、カイロ博物館を最後にエジプト旅行は終了した。
ここからは別行動になる。
家族たちは日本へ帰り、私は一人でモロッコへ。
……母と妹達だけで帰らせるのはかなり不安だったが、
(当初は直行便で、ヘルパーさんにも来てもらう予定だったから、私が抜けても大丈夫だろうと気楽に考えていたのだ)
今更、予定を変えられない。

で、エジプト観光が終わったのが1月23日。
モロッコ行きのフライトは24日。
一晩だけはカイロで宿をとらねばならなかった。
旅行会社で予約することもできたが、まさか五つ星ホテルに一人で泊まる勇気はなくて
 「自分で安宿を探します」
と言っていたのだが。
現地ガイドのFさんが親切な方で、
 「うちでよければ泊まっていいよ」
と言ってくださった。

連れられてきたのはカイロでも比較的上等な住宅のならぶ地区。
シンプルできれいな、普通のマンションだ。
それでもFさんは
 「家賃は日本と変わらないほど高いのに、とても人間の棲家じゃないのよ!」
と住宅事情の酷さを語りながらマンションのエレベーターのボタンを押した。
そのとたん!
エレベーターが歌いだした!
 「★Ш④※×М&△◎……!」
男の声で、もちろんアラビア語で、元気のいい歌声が流れはじめたのだ。
な、な、なんですかこれは!?
 「何って、コーランの一説だよ」
とクールな様子で答えるFさん。
 「なんだか知らないけど、動くたびに歌うんだよねー。
  ボタンを押しても押してもこれが聞こえてこない時は、
  『あ、壊れたな』
  って分るわけ」
エレベーターまでコーランを読むのか。
ムスリムなエレベーターは、私達を降ろすとまたにぎやかに歌いながら下の階へと降りていった。

人間の住むところじゃないとFさんはさんざん毒づいていたけれど。
必死の掃除の甲斐あってか、
電気の通ってないコンセントがいっぱいあることとか、
新品のはずなのに壊れてる電気製品がいっぱいあることとか、
すぐ隣にモスクがあって、毎朝5時のアザーンで叩き起こされることとか、
そんなことを除けば十分人間の住めるマンションだったように思う。

翌朝。
母からメールが届いていた。
 「無事に帰り着いたよ!
  機内ではみんなよく寝て楽だった」
なんだかとてもほっとした。
そしてこのメールを最後に夢の旅行は終わりを告げた。
家族旅行は終わったのだ。
……私の旅が、始まった。

→モロッコ旅行記へつづく


エジプト(2007年) | 【2007-02-25(Sun) 21:00:38】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



リンク
BlogPeople

広告

・ AIUの海外旅行保険
・ H.I.S.
・ 海外航空券ならJTB


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。