最近の記事
カテゴリー
猫リスト
検索フォーム
ブログランキング
ランキングに参加してみました。 よかったら押してください。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール

だだ

Author:だだ
方向音痴で胃腸虚弱で臆病者の旅行好き

月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
仏教国ミャンマー
・・・数ヶ月ぶりの更新です。
たまたま覗いてくださった方ありがとうございます。
夏場は、あんまり旅行モードじゃないもので。
基本は冬のみ更新になりそうですな。

新聞のデモの記事を読んでたら、何年も前に訪れたミャンマーを思い出した。
はにかみの国ミャンマー。
仏教に篤い国ミャンマー。

ヤンゴンのパゴダ(お寺)を訪れたのは3月の初めだったと思う。
もうヤバいくらい暑かった。
太陽の熱がものすごい。
寺の敷地内は土足厳禁、裸足で歩いていくのだが、タイル敷きの地面が焼けた鉄板みたいになっている。
白いタイルはまだマシなのだが、間違って黒いタイルを踏もうものなら
 「あちちちち!」
ぴょこぴょこ飛び跳ねてしまうくらい。
それなのに、パゴダに集まる人々は、その鉄板みたいな地面にひれ伏し、頭を床にすりつけて祈りを捧げているのだった。
軟弱な私は足の裏の熱さで信仰の強さというものを知った。

しかしミャンマーは暗い印象の国だった。
4、5才の子供が暗渠に頭をつっこんでドブ掃除をさせられていた。
電車が駅に停まるたびにのりこんでくる子供は、ちょっとでも食べられるものを、玉子の殻とか落ちたコーンの粒とか鶏の骨とかを、座席の下に体ごとつっこんで拾い集めていた。
線路のまわりにたくさんの人が(多くは老人が)集まってきて、窓からゴミを投げてくれるよう口々に頼んでいた。
それは暗い光景だった。
インドとかで物乞いが群れていてもパワフルでちっとも暗くないのだが、
ミャンマーはなんだかすごく暗かった。
きっと政治がもたらす暗さなんだろうと思った。

電車の中で、
 「外国人の君に聞いてもらいたい」
と、男が真剣な口調で話しはじめた。
 「この国の人々は貧しくて不幸だ。
  国民はみんな政府を嫌っている。
  ミャンマーには光がない。真っ暗闇なんだ、あんなふうに!」
彼は窓の外を指差した。
さっきまで村があったはずのところが、停電で闇に沈んでいた。
空き缶かペットボトルを投げてくれと叫ぶ老人の声ばかりが響いてくる。
本当に暗い闇だった。

そのミャンマーで僧侶たちがデモを始めた。
市民たちも加わって民主化運動に発展してきたと新聞で読んだ。
ミャンマーは変われるのだろうか。
いつか光が見えるのだろうか。
・・・血が流れなければいいのだが。

ミャンマーの少年僧


雑談 | 【2007-09-24(Mon) 01:38:30】 | Trackback:(2) | Comments:(2)
コメント

お久しぶりです
ミャンマーは行きたい国ランキングでも
かなり上位に入っているんですが
また遠くなっちゃった気がします
残念なことにたくさんの血が流れてしまいましたね
光は見えてきたのでしょうか・・・
2007-10-02 火 22:43:36 | URL | めておら #je6qYy3g [ 編集]

ご無沙汰しております。
ミャンマーは大変残念なことになってしまいましたね。
光を見失ったあとの闇はより濃いものになるかもしれません。
ミャンマーの人たちが希望を失わないことを祈るのみです。
2007-10-03 水 18:30:23 | URL | だだ #- [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

ミャンマーミャンマー連邦(―れんぽう)、通称ミャンマーは、アジアの国家|国。首都はヤンゴン。東南アジアのインドシナ半島に位置し、国境を中華人民共和国|中国、ラオス、タイ王国|タイ、バングラデシュ、インドと接する。ミャンマー連邦 (ミャンマー
【2007-09-28 Fri 05:07:40】 | なつみの記録
ちょっと洒落てみました。wミャンマーはもとはビルマと言いました。日本軍が占領,しかし,終戦で引き上げ。日本兵の何人かは僧侶となって死んだ仲間の供養に残ったという話は「ビルマの竪琴」として小説になった。ビルマが軍事国家「ミャンマー」になったことは,日本軍に
【2007-09-29 Sat 11:08:14】 | 楽器が大好き


リンク
BlogPeople

広告

・ AIUの海外旅行保険
・ H.I.S.
・ 海外航空券ならJTB


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。