最近の記事
カテゴリー
猫リスト
検索フォーム
ブログランキング
ランキングに参加してみました。 よかったら押してください。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール

だだ

Author:だだ
方向音痴で胃腸虚弱で臆病者の旅行好き

月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
美しいヒヴァ
ウズベキスタン2日目。
ホテルからタクシーで空港へ向かう。
料金は約1ドル。

タシケントでは何度もタクシーに乗ったが、どういうわけか全てのタクシーのフロントガラスにひびが入っていた。
空港バスのも割れていたっけ。
しかも運転手は、
  「マジかよ」
とツッコミたくなるほどの高齢者。
80才は越えている。
いや、90も越えてるかもしれない。
ドッピと呼ばれる四角い民族帽をかぶり、足はジャージ履き。
小刻みに震える手でハンドルを握り、中央線ギリギリをきわどくかすめてつっ走る、超ベテラン運転手であった。
ものすごい怖かった。

タシケントから国内線で2時間、ウルゲンチへ到着。
そこから更にタクシーで観光地のヒヴァを目指す。

ヒヴァには城壁で囲まれた「イチャン・カラ(内城)」という町があり、
ここは町全体が世界遺産に指定されている。
町じたいが大きな遺跡なのだ。
そっくりそのまま中世そのもの!
たくさんのミナレット、メドレセ、家々の壁も石畳の道も、すべてがくまなく遺跡なのだ。
私が泊まった宿もこの世界遺産の中にあり、古い民家を改造したものだった。

ヒヴァの朝焼け


ヒヴァの町を一望する

イチャン・カラ内


カルタ・ミナル

夕日に染まるヒヴァを歩く。
カラスの群れが飛んでいく。
白い月がミナレット(塔)に寄り添うようにたたずんでいる。
美しい。
美しい町である。

浸っていると、
「ハロー」
と女の子が英語で話しかけてきた。
10才のナザカット。
学校帰りだそうだ。
写真を撮って住所書いて、
 「ボンボン(キャンディ)ちょうだい」
と言われた。
 「持ってないよ」
と言うとあっさりあきらめ、バイバイとほかの外国人を見つけて走っていった。
・・・なるほど。
ここの子供はそうやって商売をしているのかと、初日はそれだけで済んだのだけど。
彼女はなかなか商魂たくましい女の子だった。
明くる日も私を見つけると駆け寄ってきて、結局、
・・・いろいろ買わされちゃった話は、パス。
 
ナザカットから逃げ出してまもなく。
また別の子供につかまった。
今度は男の子だ。
シャハルーホ、9才。
可愛いらしい子だが、彼は物売りをする代わりに、
 「ボクの家でお茶でも」
と、自分の家に連れていった。
・・・なるほど。そういう手もあるのか。

なかなか凄いことだと、シャハルーホの家に上がりこみながら思った。
世界遺産の町に住む。
考えてみればこの家だって、建て直しを繰り返しながら、何百年前からここにあるのかもしれない。
中庭なんて発掘現場のようである。
いかにも古そうな井戸や、昔ながらの竃がある。
細かい彫刻の施された木の柱が、今もなお使われている。
宮殿やメドレセでも見られるようなものすごく古い柱だ。
そこに洗濯ロープをかけてピンクや紫のパンツを干している。

ジュマ・モスクの古い木柱


靴を脱いで上がるとたくさんの家族たちがいる。好奇の目がいっせいに私を見つめる。
 「こ、こ、こんにちは」
どうぞと居間へ通される。
大きな黒いストーブと、奥にテレビ、Wラジカセまである。
テレビに一番近い席におばあちゃんが座っており、その横に座れと言う。
 「そこはひょっとして上座では?」
と思いながら腰を下ろす。
TVでは白黒のインドのドラマをやっていた。
さしずめ、愛と死のサスペンス・ドラマと言ったところか。
小さな子供までがえげつない場面を必死になって見ている。
TVを見ながら、おばあちゃんときれいなお母さん、少年シャハルーホと彼の妹2人で、お茶を頂く。
ナンとクレープも出た。
 「ナンにコレをつけると美味しいんだよ、つけてみるかい?」
とおばあちゃんがスプーンを差し出すので、なめてみた。
 「うっ!」
ラードだ。

そのうちお父さんとおじさん、従妹達までわらわらと集まってきた。
 「日本人が来てるんだって?」
 「ニホンジン?」
小さい子供は靴のまま上がってきて怒られたり、お茶をひっくり返したりと、大騒ぎだ。
そのスキにおばあちゃんは私のお茶に角砂糖を2つも入れて、一人で喜んでいた。
 「うっ!」
甘い・・・。
お父さんとおじさんは、ガイドブックとロシア語の会話集を熱心に眺めていた。
彼らは英語はもちろんロシア語さえほとんど話さないようだった。

同じ「家に招かれる」のでも、ギーチェ爺ちゃんと少年シャハルーホとでは根本的に違う。
シャハルーホは数ドルの小銭がほしかったから声をかけてきたのだ。
でも民家を見学させてもらうのは楽しかったし、とても暖かく楽しくすごせたので、現金でお礼をすることに抵抗はなかった。



ウズベキスタン | 【2008-01-04(Fri) 19:32:36】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



リンク
BlogPeople

広告

・ AIUの海外旅行保険
・ H.I.S.
・ 海外航空券ならJTB


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。