最近の記事
カテゴリー
猫リスト
検索フォーム
ブログランキング
ランキングに参加してみました。 よかったら押してください。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール

だだ

Author:だだ
方向音痴で胃腸虚弱で臆病者の旅行好き

月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
青きアムダリヤ
ブハラへの旅は長かった。
同じような景色にうんざりしてきた頃、
 「アムダリヤ!」
シャハラーが窓の外を指差した。
砂漠なかに唐突にあらわれた水。
青い、青い川の流れ。

アムダリヤ川


これがアムダリヤ川か。
砂漠に緑をもたらす命の川。
電力ももたらしてくれるらしく、水力発電のダムもある。
 「アムダリヤ、ボリショーイ(大きい、素晴らしい)」
シャハラーは何度も何度もくりかえして言った。
そして青い流れに浮かんだ一艘の船を指差して、
 「見なさい、舟だ、舟だ」
と、興奮気味に教えてくれた。
砂漠に住む彼女にとって舟は珍しいのかもしれない。

バスはアムダリヤにかかる橋を渡るが、渡る前と後と、政府のチェックを2回も受けなければならなかった。
アーミー柄の制服を着た警察(軍隊かも)がバスに乗り込んで、一人一人身分証のチェックをする。
私のチェックが一番厳しく、パスポートを持って行かれてしまった。
 「レギストラーツェ(外国人登録。滞在する町ことに申請が必要)を調べてるんだ」
とシャハラー。
ウズベキスタンの警察は評判が悪いのでちょっとドキドキしたが、パスポートは汚い指の跡をつけられただけで無事に戻ってきた。
はずだったが。
が、今度はバスの乗客に持っていかれてしまった。
 「へえ、これが日本のパスポートかい」
 「このスタンプはどこの国?」
 「このシールは何?」
 「この日本語を読んでくれ」
ぜんぜん話が終わらなくて、もう・・・返してください。

2回目のチェックをしたのは、生まれて初めて日本人に会うという若い警官で、私のことををまじまじと眺めて
 「おまえはほんとに日本人か。日本人か。」
としつこく尋ねてきた。
するとバスの乗客たちは声をそろえて大合唱。
 「日本人だ、『おしん』だ!」
・・・まあ。いいけどね。


ウズベキスタン | 【2008-01-06(Sun) 14:49:59】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



リンク
BlogPeople

広告

・ AIUの海外旅行保険
・ H.I.S.
・ 海外航空券ならJTB


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。