最近の記事
カテゴリー
猫リスト
検索フォーム
ブログランキング
ランキングに参加してみました。 よかったら押してください。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール

だだ

Author:だだ
方向音痴で胃腸虚弱で臆病者の旅行好き

月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
イマイチな思い出
ブハラに着いたのは深夜0時。
ガイドブックには「8時間」、経験者からも「6~7時間」と聞いていたところを10時間かけて来たわけだから、この遅さは予想外。
深夜だったためか、宿のスタッフはパンツ一丁で出迎えてくれた。
・・・ちょっと怖かった。

今回の宿は、ブハラの中心・ラビハウズの目の前にある。
お湯も出るし、旅行者の間でも評判の申し分ない宿。
ゆっくり休んだ翌朝、さっそく観光に出発だ!

ところが。
いきなり。
死にかけている猫に出会った。
宿のすぐそば、ラビハウズ(池)のほとりだ。
キジトラの猫で、足を体の下にたくしこみ、うずくまっていた。
遠目には眠っているかのようだ。
だが、近づけばすぐに分かる。
もう頭を上げていられない様子で、がっくりと地面に鼻を落としている。
まったく動かない。
目も開けない。
耳をヒクリとも動かさない。
ひげ一本震わせない。
たまに呼吸をするとき、背中が弱々しく上下するだけだ。
毛並みは悪いが外傷は見当らない。
病気だろうか。

ラビハウズ


こんな所で。
私は泣きたくなった。どうにもしてあげられない。
せめて水をと差し出したら、その時だけ、かすかに顔をそむけるような動きをした。
拒否しているのだ。
おれはここで死ぬのだと、決意を示すかのように。

朝いちがそれだったから。
ブハラはなんとなく居心地の悪い町になってしまった。
どこへ行ってもお土産屋ばっかりだ。
レストランではぼったくられまくる。
ちょっと歩けば子供にたかられる。
 「ボンボンちょうだい!」
 「ペンちょうだい!」
しかも一人や2人や3人ではない。
集団で襲撃してくるのだ。
ヒヴァの田舎の子供たち、ナザカットやシャハルーホみたいに代わりの何かを与えてくれるわけでもなければ、東南アジアの貧しい子供達のように命がけでもない。
彼らはただ、ほしいほしいとむき出しで言うだけだ。
とても感じが悪かった。

今まで楽しかったぶん、その一日は強烈にめげた。
死にかけた猫のことが頭から離れなかった。
あの子はどうしただろうか。
でも、もう一度見にいく勇気はない。

疲れ果ててチャイハナ(喫茶店)に座り込んでいると
 「ご一緒していいですか」
と英語で尋ねられた。
 「私はガイドをやっています」
美人だが、ちょっと化粧濃いめの女の人だった。
ドライバーらしき男の人を連れていた。
 「よかったら、ブハラの町をご案内しましょうか」
・・・ブハラは、もういい。この町は私に合わない。
しゃべりたい気分だったので、言葉が通じるのを幸い、彼女を相手にさんざんグチった。
疲れていたのだと思う。
 「もし他の町へ行きたいなら、車の手配をしましょうか?」
と彼女は言った。
・・・ああ、そうだな。それがいい。
予定を1日くりあげて、シャフリサーブスへ行こう。
親切なシャハラーおばさんのいる町、シャフリサーブス。
彼女の顔を見れば気も晴れるかもしれない。
 「安い宿も紹介できますよ」
渡りに舟とはこういうことだ。
その場で、翌日の昼にシャフリサーブスへ行く車を予約をしてしまった。

翌朝。
宿の女将であるファティマが
 「あんた、今日チェックアウトするんだよね?
  次はどこへ行くの」
と尋ねてきた。
 「シャフリサーブスへ行くつもりです」
 「タクシーはもう決まってるの?」
 「昨日、旅行会社の人に会ったので、そこに頼みました」
 「ほう。なんていう人か、名前はわかる?」
名刺を部屋に置いてきていたので、その問いには答えられなかった。
ファティマは大柄でどっしりしている。
おばさんと言うより「女将さん」という響きが似合う。
一見、怖いが頼り甲斐のある印象だし、実際とても面倒見のいい人らしかった。
そのファティマが言った。
 「いいかい。もし必要になったら、私が安いタクシーを紹介してあげるからね。遠慮なく言うんだよ」
それがどういう意味なのか、その時はピンとこなかった。
私はお礼を言って、散歩に出かけた。

昨日の旅行会社の人は、12時すぎに迎えにくると言っていた。
お昼ごはんから帰ると、例の化粧の濃い女の人がすでに門のところで待っていた。
私は「荷物を持ってくるから」と急いで部屋へ向かった。

「ちょっと待って。」
客室へつづく階段の下で、ファティマが私を引きとめた。真剣な表情だった。
 「彼女も行くのか?」
ファティマの目が、門の方をちらっと見た。
化粧の濃い女の人が手持ち無沙汰に待っている。口紅が赤い。
たしか、ドライバーは英語ができないから、彼女も行くと言っていたはずだ。
 「やめときなさい。彼女は危ない。」
ファティマの細い目はますます真剣になった。
「彼女はよくない!
だから今朝、誰に頼んだのかって名前を訊いたんだよ!
 彼女の被害に遭った旅行者を知っている。
 彼らはみんな怒っていた。
 タクシーの中で眠っている隙に現金を盗られたり、紹介された宿で盗まれたりしている。
 安い宿を紹介しておいて、大金を盗むんだ。私は彼女を憎む。
 タクシードライバーなら私が紹介してあげる。
 宿も信頼のおけるところを教えてあげる。
 だから、彼女だけは、おやめなさい。」
やめよう。
即決だった。
ファティマの言うとおりにしよう。
・・・本当を言うと、この段階でファティマの言葉を信じるに足る根拠はほとんど無い。
タクシーや宿の紹介料が目当て、ということだってあり得るのだ。
私にはウソや人柄を見抜く眼力なんか、ない。
ただ、私が読んだ旅情報サイトに「ファティマはいい人」という評判があったのと、
 「I hate her. (彼女が憎い)」
なんて激しい言葉が飛び出すのはタダゴトではないと思った。
それに何より、恰幅のいいいファティマの豊かな胸周りが、母性的で頼れる感じだったのだ。
私は彼女の言葉を全面的に信用することにした。
 「でも、どうやって断ればいい?」
 「一緒に言ってあげよう。ブハラでもう1、2泊するんだと言いましょう」
それで、そうした。
少し怖い問答のあと、化粧の濃い女の人は渋々帰っていった。

ファティマは電話をかけて、信頼のできるタクシーを探してくれたが、結局みつからなかった。
その代わり、同じ宿に泊まっていたバングラディシュ人のツアーバスに同乗にさせてもらえるよう、かけあってくれた。
 「ツアーのバスで、とりあえずサマルカンドまで行きなさい。
  このバスなら絶対安心だから。
  宿は『ティムール』、ここの主人は私の友達なんだ。
  安いし、レギスタン広場に近い、とてもいい場所にある。
  シャフリサーブスへのタクシーもティムールが手配してくれるはずだ。」
至れりつくせりである。
別れ際に
 「いろいろとご親切を感謝します」
と礼を言うと、ファティマは
 「なあに、うちにくる旅行者はみんないい人ばかりだからね。
  だから私も親切にするのさ」
 と言った。

ウズベキスタン | 【2008-01-06(Sun) 23:15:55】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



リンク
BlogPeople

広告

・ AIUの海外旅行保険
・ H.I.S.
・ 海外航空券ならJTB


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。