最近の記事
カテゴリー
猫リスト
検索フォーム
ブログランキング
ランキングに参加してみました。 よかったら押してください。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール

だだ

Author:だだ
方向音痴で胃腸虚弱で臆病者の旅行好き

月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
豊かさ
インドに慣れない私にとって、観光はほとんど闘いだった。
一方的に寄ってきて建物の説明をしてはチップをせびる「勝手にガイド商法」とか。
リクシャーに乗ったら自動的にシルク屋につれていかれる「勝手にお土産屋商法」とか。
まあいろんなのが来るわけだ。

強面の兄ちゃんが数人で取り巻いてきたり、小部屋で説教されたり、
これはほとんど強盗だろうという手口さえあった。
それでも払わなかったけど。
兄ちゃんなんか怖くない。
小部屋に連れ込まれる前に逃げ出せばいいことだ。
はっきりNO!と言えばいい。

本当に辛いのは・・・自分が日本人であることをまざまざと思い出したときだ。
ネパールにしろインドにしろ、あまりにも物価が違うから。
たとえばサイクルリクシャーに
 「ゴードリヤーまで20ルピーは高いよ。15にして」
と値切るとき。
父ほどの年齢の男がため息まじりに
 「いいよ15で」
と妥協するとき。
そして彼が薄いサンダルを踏みしめ、汗水たらして自転車をこぐ、その力強いふくらはぎを見ながら、
 「15ルピーって40円くらいかなあ」
と計算するとき。
つい考えてしまうのだ。
日本人の私は、退屈な仕事を一日こなすだけで彼の必死な労働の何倍もの給料をもらえる。
これはどうしてもおかしいんじゃないだろうか。
たまたま豊かな国に生まれたからと、仕方がないのだと、私にはどうしても思えないのだ。
お金っていったい何なのだ。

たとえば物乞い。
はだしの小さな女の子に出会ったとき。
黒ずんだスカートをはいて、手に赤ん坊を抱いて、もう片方の手を一生懸命のばして観光客にすがりつく。
 「マダム、マダム、プリーズ」
ぼさぼさの頭をふりたてて懇願されたとき。

私は、彼らの一人に小銭をあげたら最後、どんなことになるのか知っている。
我も我もと物乞いたちは、まるで亡者のように増え群がり、襲いかかってくるのだ。
彼らはたくさんいるのだから。
彼らはそれをを生業にしているのだから。

もうひとつ知っていることがある。
幸か不幸か、物乞いの多くは私より背が低い。
子供や老人や障害者が多いからだ。
だから顔を上げてまっすぐ歩けば、彼らは視界に入ってこない。
そうすれば向こうもあきらめて寄ってきはしない。

でも、それでいいのか。
問いかける自分が、自分の中にもう一人いる。
目をそらしたまま何も見ないまま、歩き続けることはできない。
だって私達の目は、見るためについているのだから。
たとえ何もできないと知っていても。
 

ネパール・インド | 【2008-01-12(Sat) 18:45:26】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



リンク
BlogPeople

広告

・ AIUの海外旅行保険
・ H.I.S.
・ 海外航空券ならJTB


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。