最近の記事
カテゴリー
猫リスト
検索フォーム
ブログランキング
ランキングに参加してみました。 よかったら押してください。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール

だだ

Author:だだ
方向音痴で胃腸虚弱で臆病者の旅行好き

月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
観光地ホイアン
ホイアン。
江戸時代の日本も朱印船貿易をしていた町。
ここには今でも古い町屋がならんでいる。
瓦の屋根。
赤い提灯。
世界遺産にもなった町並み。
観光地・ホイアン。

ホイアンは今までになく観光地だった。
土産物屋がこれでもかというほど軒を連ね、
たくさんの欧米人がレンタサイクルを乗りまわし、
中国語がにぎやかに乱れとび、
レストランの前には写真入り英語メニューが立てかけられて手招きしている。

日本橋

こういう土地は分りやすい。
すべてが二手に分けられているから。
たとえば川辺のバクダン通り。
道を挟んで、
こちら側が観光客用。
あちら側が地元民用。
値段もすべて違うのだろう。
私たちは同じ場所にいながら、常にこっち側とあっち側とに別れて存在する。
そのほうが安全だし、お互いに居心地がいいと思われているのだろう。

通りのあちら側を望む

招かれもしないのに「あちら」へ足を踏み込むことは、
観客が舞台裏に侵入することと同じ罪の匂いがする。
住宅地の奥深くへ入りこんだりすれば、なまじ観光客慣れしている土地だけに、よその町よりも厳しい視線にさらされる。
彼らは何も言わないけれどその目にはいたたまれない気持ちにさせられる。
いつか
 「お客様。こちらはスタッフ専用区域となっております」
と言われるんじゃないかと思って、なんだかビクビクしてしまう。

なんちゅうか・・・私って気が弱いんだろうな。
観光地という言葉には、いつも寂しい響きをおぼえてしまう。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ


ベトナム | 【2008-02-14(Thu) 19:06:52】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



リンク
BlogPeople

広告

・ AIUの海外旅行保険
・ H.I.S.
・ 海外航空券ならJTB


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。