最近の記事
カテゴリー
猫リスト
検索フォーム
ブログランキング
ランキングに参加してみました。 よかったら押してください。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール

だだ

Author:だだ
方向音痴で胃腸虚弱で臆病者の旅行好き

月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
人種の違い、文化の違い
違う国を訪れるたび、国によって文化の違い考え方の違いがたくさんあるものだと思い知らされる。
カルチャーショックというほどでもないけれど、
そんな「違い」の話をひとつ。

妹がオーストラリアで出産したときのこと。
出産翌日に病室を訪ねた私は驚いた。
いや、私が驚いたのは病院設備でもなければシステムでもなく、
・・・病院食に驚いた。

日本では、病院の食事は薄味でヘルシー、そしてマズいというイメージがある。
ところが。
ブリスベンの病院で帝王切開をし、赤ちゃんを産んでから24時間経つか経たずの妹が
ベッドの上食べていたものは、

・ まな板みたいなビーフステーキ、グレービーソースがけ
・ 脂ぎとぎとのフライドポテト
・ デザートには巨大なアップルパイとクリーム
・ どう見ても「2人前」
・ 1日4食

見ているだけで「おええ」ってなるような食事だった。
看護婦さんはにこにこ笑って
 「食べなくちゃ治らないわよ」
とか言うらしいが、こんなに食べたら却って体に悪かろう。

体の大きなオーストラリア人は赤ん坊もみんな大きいようだ。
妹が出産前の検診にいくと
 「胎児が小さすぎる!
  きっと死にかけているんだ、48時間以内に手術しろ!」
と言われたことがある。
そんなはずはないと思い、違う病院で診てもらったら
 「オーストラリア人なら危ないサイズだけど、
  東洋人ならこれくらい普通よ」
と言われて、結局、元気にうまれてきた。
赤ん坊は2200gだから未熟児には違いないが、
オーストラリアではもうありえないくらい小さいらしい。
顔を見に来た近所の奥さん連中が、これまた
  「小さいねえ!」
  「小さいねえ!」
とさんざんに言う。
  「こないだ産まれた〇〇さんとこの子なんて、7キロあったわよ!」
いや、そっちがデカすぎやねん!
7キロて!

そして、日本人なら当たり前の蒙古班。
これも白人にはないものだから、お医者さんが
  「これはケガなどによる青痣ではありません」
と真面目な顔で解説してくれるらしい。
ちなみに、妹の旦那はピュア・モンゴロイド(内モンゴル人)だ。
赤ん坊は肩からお尻まで真っ青に塗ったみたいに大きな蒙古班に覆われていた。
さすが『蒙古班』とだけのことはある。

オーストラリア(2008年) | 【2008-12-26(Fri) 21:45:36】 | Trackback:(0) | Comments:(2)
コメント
ブログ村からお邪魔しましたが、こちらめておらさんが常連さんなんですね。私もS社をよく使って旅行している者です。
楽しい記事に読みふけってしまいましたが、オーストラリアの蒙古班で知り合いの話を思い出しました。保育園に預けていた子供に虐待疑惑をかけられ、説明するのに大変だったと言う話。小さな田舎町だったのでアジア人のことなど知らなかったのでしょう。妹さんにはそんなことはなくて良かったですね。
またお邪魔します。
2009-01-21 水 15:16:59 | URL | lunta #iSlGiXh2 [ 編集]
luntaさん、初めまして!
…ご挨拶するのは初めてですが、
私は実はluntaさんのブログをちょこちょこ覗かせて頂いているのですよ~。
コメント頂いて光栄です♪

蒙古班で虐待疑惑、都会でもあるようですよ。
だからお医者さんがしっかりと説明をするのだそうです。
考えてみれば不思議ですもんね蒙古班って。

luntaさんのブログにもまた遊びにいかせてもらいますね。
2009-01-21 水 17:37:13 | URL | だだ #- [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



リンク
BlogPeople

広告

・ AIUの海外旅行保険
・ H.I.S.
・ 海外航空券ならJTB


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。