最近の記事
カテゴリー
猫リスト
検索フォーム
ブログランキング
ランキングに参加してみました。 よかったら押してください。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール

だだ

Author:だだ
方向音痴で胃腸虚弱で臆病者の旅行好き

月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
ジャミィ
イスタンブールにいた3週間、たくさんのお寺をまわった。
寺はジャミィと呼ばれている。
観光の中心であるスルタン・アフメット。
アヤ・ソフィア。
鳩がいっぱいいたベヤジット・ジャミィ。
宿の近所のラーレリ・ジャミィ。
青いイズニックタイルが見事なリュステム・パシャ。
参道が露店がで賑わっていたシュレイマニエ。
エユップ・スルタン・ジャミィは大事な聖地であるらしく、
異教徒の私には踏み込みづらい雰囲気があった。

エユップ・スルタン・ジャミィ
参拝者が列をなすエユップ・スルタン・ジャミィ

ベヤジットの日曜市
ベヤジットの日曜市。

観光客が珍しいのだろう。
FATIHジャミィではお参りにきたおばちゃん達に囲まれた。
言葉は、学校で英語を習っている娘さんが通訳してくれた。
 「どこから来たの?」
日本です。
 「まあ、遠いところからよく来たね!
 私はカイセリから来たんだよ。
 カイセリを知ってるかい? 内陸のほうの町ですごく遠いんだ。
 カイセリとニッポンはまるで世界の端と端みたいに離れているね。
 そんな私達がこの寺で出会ったのは、きっと神の思し召しだよ。 
 アラーがめぐり会わせて下さった。
 感謝の言葉を捧げましょう」
おばちゃんは目を閉じてお祈り(?)をはじめ、
 「あんたも祈りなさい、教えてあげるから」
と言う。
私も目をとじて、おばちゃんの言葉を一生懸命まねしてみた。
けれどうまく言えないので、娘さんがカラカラと笑った。
祈りが終わったとき、おばちゃんはとても満足そうだった。

おばちゃん達は、別れ際に私の写真を撮っていった。
 「また会ったときに顔を覚えていられるように」
って。
だけど私がおばちゃん達を撮ろうとしたら 
 「絶対ダメ!」
って断られた。
ムスリムの女性が写真ダメなのは知ってるけど。
でもなんか不公平はぬぐえない…。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ←読んでくれてありがとう。

トルコ(1999年) | 【2009-01-27(Tue) 21:27:31】 | Trackback:(0) | Comments:(2)
コメント

いい話ですね~、状況が目に浮かびます。
モスクの中だと女同士の気安さでおばちゃんたちが声かけてくるんですよね。
それにしても写真の話し、おばちゃん結局「自己中」なんじゃ?なんかほほえましいから許しちゃうけど。
2009-01-27 火 23:09:37 | URL | lunta #iSlGiXh2 [ 編集]
luntaさん、こんにちは。
> モスクの中だと女同士の気安さでおばちゃんたちが声かけてくるんですよね。
そうなんでしょうね。
とくに女性の祈りの時間帯だったので。
それにしても嵐のように現れて喋り倒してさっていくおばちゃんでした。
2009-01-28 水 21:47:07 | URL | だだ #- [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



リンク
BlogPeople

広告

・ AIUの海外旅行保険
・ H.I.S.
・ 海外航空券ならJTB


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。