最近の記事
カテゴリー
猫リスト
検索フォーム
ブログランキング
ランキングに参加してみました。 よかったら押してください。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール

だだ

Author:だだ
方向音痴で胃腸虚弱で臆病者の旅行好き

月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
旅先で地震(2)
(1)はこちら

1999年8月17日。
イスタンブールで地震に遭うが、
 「震度3」
とか言いながら呑気に構えていた私。
夜が明けるまでに大きな揺り返しが1回。
細かい有感地震は数えきれないほどあったものの、
 「これくらい大丈夫」
ともう一度寝た。

でも・・・怖かった。
余震が怖いんじゃない。
揺れることが怖いんじゃなくて。
日記には、こう書いてある。
 「気になるのは他の地域だ。
  今は何も情報がないけれど、神戸のときみたいに、どこかの町が壊滅していたらと思うとゾッとする」

朝、トイレが流れないことに気がついた。
上水道も出なかったのでミネラル・ウォーターで顔を洗った。
宿のおじさんはつとめて陽気に、
 「昨夜はビックリしたね!
  もうじき修理できると思うから」
と言った。

町に出てみると、一見、何も変わらないように見えた。
ジャミィには観光客がぞろぞろと練り歩き、
子供達は絵葉書を売りつけようと騒ぎ、
絨毯屋が景気のいい声をあげている。
ふだん通りのイスタンブール。
朝刊にも地震のことはまだ載っていない。
政治家と色っぽいお姉ちゃんとサッカーの写真が大きく写っている。

それでいて、どこかがおかしい。
たとえば信号がぜんぶ消えている。
・・・信号は普段から無視されているので、交通に影響は無いのだが。
トラムも午前中は便が激減していた。
地下道にも明かりがついていない。
あのにぎやかなエジプシャン・バザールでさえ停電だ。
ロウソクや発電機をもってきて商売を続けている店もあるが、閉まっている店も多くて活気に欠ける。
石積みの塀などが壊れて落ちているところもあった。

だんだん不安が募ってくる。
トルコ人に尋ねても、
 「かなり大きな地震だったらしい。
  でもまだ詳しくは分らない」
と言う。
トルコ語の分らない私にはもっと情報が入ってこない。

結局、詳しいことを知ったのは翌日になってからだった。
TVのあるカフェに入って、ニュースを見ていた人たちに教えてもらった。
震源地はイズミットという町だ。
マグニチュードは6か7。
死者はすでに3500人。
 「俺の友達がイズミットに住んでるんだ。
  連絡がとれないんだ!」
と、おじさんは叫んだ。

電話は通じていなかった。
公衆電話は動いているのか、ずらーっと並んで行列ができる。
ああ、神戸のときと同じだ・・・。
家族が心配しているかもしれないと、私も列に並んでみたけれど、国際電話はいっさい繋がらなかった。

(まだつづく)

トラブル! | 【2006-05-30(Tue) 10:47:26】 | Trackback:(0) | Comments:(2)
コメント

あのトルコ大地震の時にいらしたんだ!!
阪神大震災のときに聞いた地鳴り・・・
拝読しながら、なんだかぞっとしてしまいました。
でも日本人だけが落ち着いていたっていうのも、なんとなく状況が見えるようです。

そりゃもう日本にいる家族は心配するでしょう。その後どうなったのかしら???
私も続きを楽しみにしています。

先日行ったカッパドキアのペンションでも、1999年の地震の話がちょっと出たんですよ。
日本人女性が個人的に衣類や物資を大量に送ってくれて、その本人も現地に来ていろいろ尽くしてくれたとかで、そのことを私にも感謝されてしまい・・・なんか感動してしまいました(^^;
2006-05-31 水 23:44:39 | URL | おかぽん #- [ 編集]

いたのです、あの日にイスタンブール。
阪神大震災から何年も経たない時だったので、地鳴りを聞いた時は本当にぞっとしました。
逆に、小さな揺れに慣れていた頃でもあったので「これくらい大丈夫」と思ったんですけどね。

私は何もできませんでしたが、あの時はたくさんの日本人が助けにいったのですね。
2006-06-01 木 15:52:38 | URL | だだ #- [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



リンク
BlogPeople

広告

・ AIUの海外旅行保険
・ H.I.S.
・ 海外航空券ならJTB


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。